[コラム]2022.2.15

ベルギービールの飲み比べいろいろ

今回は、ベルギビールの飲み比べを紹介したいと思います。大きく5つあります。簡単なものから順に紹介します。

同じ醸造所のビール飲み比べ

いちばん手に入り安いのは、シメイシリーズです。シメイ・ホワイト。シメイ・レッド、シメイ・ブルーは比較的購入しやすいと思います。シメイ・ゴールドやシメイ・グリーン等はネットで購入できます。インポータによっては例えば、ルプルスやシホンやデリリュウム等製品を数種類あつかっています。

この飲み比べは。醸造所のこだわりの味が見えてくると思います。

ルプルス

おなじ分類や共通の材料(フルーツ等)を使用したビールの飲み比べ

これは、例えばトラピストビールやホワイトビールの飲み比べとか、チェリーを使ったビールやフランボワーズ(ラズベリー)を使ったビールの飲み比べです。どちらも、比較的購入しやすいと思います。それぞれ、同じ分類や同じ材料を使っていてもビールによって味が違います。それを堪能しても良いと思います。

トラピストビール

大瓶と小瓶による飲み比べ

小瓶は手に入りやすいと思いますが、大瓶は通販か専門店なければ手に入ることはできません。

この飲み比べは特に大瓶になればなるほど(750㎖よりは1500㎖それよりは3000㎖等)同じビールなのに層が分かれます。小瓶だと層が分かりにくく、大抵は、8割注いで2割残すことで最後の2割にオリ(ビール酵母)がある野が分かりますが、大瓶になるとだんだん味が変わっていくのが感じられると思います。シメイ・レッドやシメイ・ホワイト、マルールシリーズがお勧めです。シメイブルーは次にも出てきますがビンテージをあわせる事が必要かと思います。

シメイ・ブルーの大瓶と小瓶

ビンテージによる飲み比べ

ベルギービールにはワインの様にビンテージがついているビールがあります。そして。長期保存も可能です。先にお話しましたシメイ・ブルーはビンテージが付いています。一番ビンテージを購入しやすいのは、ランビック・ビールだと思います。しかし、専門店でなければ難しいと思います。

年代が古くなるにつれて味がまろやかになると思います。

ビンテージによる飲み比べ

その他の飲み比べ

その他の飲み比べは簡単なようで一番難しいかもしれません。それは樽と瓶等の飲み比べ等です。

これは、ベルギービール専門のお店に行き、そこのお店にあるビールを知らなければ出来ません。

運よく飲み比べが出来たなら、色々なケースがあると思いますが、瓶ビールの方が樽より美味しい場合もあります。全てが樽が良いとは思いません。是非ご自身でお試しください。

ポールズ・カフェにて

最後に今回は、飲み比べのいろいろを中心に紹介しましたので、ビール個々の味には触れていませんのでご理解願います。

 

販売店
ベルギービールJapan
すがや魅惑のベルギービール

飲食店
ポールズ・カフェ

シメイ・ブルーの大瓶と小瓶トラピストビールビンテージベルギービールルプルス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

もりあき(モリテツアキ)

ビアジャーナリスト

1968年1月福島県で生まれ現在北海道余市郡に在住。ロシア人と国際結婚(妻は現在帰化)。
佛教大学卒業後社会福祉士の資格を取り地元の特別養護老人ホームの管理者を行いながら実家の事業の1つである農業を手伝っている。
ビールはベルギービールを飲むのが主で、たまに道内のクラフトビールやエビスビールを飲む。特にベルギービールは専用グラスで飲むようにしている。
現在の活動は、Facebookで北海道ベルギービール愛好会の立ち上げ、道内でベルギービールが飲める飲食店や購入できるお店や自分の飲んだビールの紹介をしている。
又、産物のハネ品(サクランボ等)からビールを作るプロジェクトを2020年立ち上げ、ハネ品(規格外、交配用、完熟、微量な傷等)を対象にビールの副原料として使い数年かけて検証していく。
今後の取り組みとして現在の活動の他、ベルギービール(道内のクラフトビールを含む)の紹介や考察を書いていきたい。

北海道ベルギービール愛好会
https://www.facebook.com/groups/1586818794929083

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。