[テイスティング]2022.8.3

にごり酒のビール割り!日本酒の専門家から教えてもらうカクテル【JBJAChannel】

ビールに愛された皆さまへ!

今日公開のJBJAChannelでは、日本酒のプロに教わるスペシャルなビアカクテルをご紹介します!

 

にごり酒のビール割り

日本酒の「にごり酒」とは、白く濁ったお酒のことを指します。「どぶろく」は濾す工程が無いのですが、目の粗いフィルタ(酒袋というらしいです)を使い、酵母や澱をわざと残して、コクやうまみ、まろやかな口当たりを残したお酒です。透き通っている普通の日本酒と同じく「清酒」に分類される、というのは驚きですね。(日本酒を少し分かっている人なら常識とは思いますが・・・)

酒販店経営者・日本酒学講師 北山氏

今回、この不思議なカクテルを教えてくださり、そして一緒に楽しんでくださったのは、シュウ・サケ・コーポレーションの代表、北山秀人さんです。北山さんとは、とある雑誌のお酒を楽しむ特集記事で、それぞれビールの専門家・日本酒の専門家として参加したときに知り合いました。

シュウ・サケ・コーポレーション代表で日本酒学講師の北山秀人氏。

東京都品川区中延にて日本酒専門の酒販店を経営し、日本酒の文化を広めるための活動もされています。
お店のお客様やご友人と、貸し切りバスを出して(しかも運転手は北山さん)、酒蔵をめぐる旅行のイベントなどもされています。私も、春恒例のタケノコ掘りはいつか参加したいなと、SNSでフォローしながら見ておりました。

シュウ・サケ・コーポレーションとは?

日本酒が大好きでとっても詳しい人でも、そうでない人も、とっても楽しめる小さなワンダーランドです!私も隣の区のほど近いところに住んでいるのですが、やっぱりこのようなお店があることは、嬉しくありがたいことです。

シュウ・サケ・コーポレーションの店舗内。見本の酒瓶がずらりと並びます。これらは有料試飲(30㎖:100円~)できます。

居酒屋ではありませんが、有料試飲が出来て、気に入った味を確かめてから買うことができます。好みの味わいを伝えて店舗スタッフの方に選んでもらったり、あるいは「日本酒好きな友人が見たことがないような、でもおいしいお酒をプレゼント用に」そんなオーダーにも気軽に答えてもらえます!(私もお土産用に2本ほど購入いたしました)

0度のウォークイン冷蔵庫に、15度の日本酒セラー

シュウ・サケ・コーポレーションの店舗内にはガラスのショーケース冷蔵庫もあるのですが、実は店舗内の中央にドドンと鎮座しているのが、0度に温度管理をされた巨大なウォークイン冷蔵庫です。

極寒の冷蔵庫内で、保管されている日本酒たち

中をのぞかせて頂くと・・・照明は必要最小限なんですね。真冬の寒さを感じる庫内で、生酒が大切に大切に保管されています。そして、画像は無いのですが、15度に冷やされたお部屋はまるでワインセラーのようでした。ここも、同じように棚だけが並び、火入れした銘柄が鎮座していました。

このように、日本酒への愛が溢れていて、品質管理の行き届いた素敵なお店です。

さて、にごり酒×ビールのカクテルとは

この日、「好きな大手のビールは?」と北山さんが聞かれたので、迷わず「サッポロ黒ラベルですかね」と答えました。北山さんはすぐ近所にあるコンビニへ、黒ラベルをわざわざ買いに行ってくれました。

そして、収録が始まります。

「僕らは昔から飲んでるカクテルなんですよ」

日本酒愛好家や日本酒に詳しい識者の間では、にごり酒のビール割りはおいしいカクテルになる、というのは広く知られているそうです。ビアカクテルという概念でいえば、ビールにアルコール飲料を入れて割るという考えは全く異を唱えるつもりもないのですが、日本酒というのが驚きです。

長野県岡谷市の酒造メーカーの神渡(みわたり)

ご登場いただいたのは、長野県の「神渡(みわたり)」のにごり酒です。「これはおいしいにごり酒ですよ。しかも、一升瓶で2200円ということも含めて、素晴らしいお酒です」

冬に諏訪湖の氷がせり上がり、まるで1本の道のように数キロにも連なる「御神渡り」。毎年必ず見られるものではなく、いくつもの条件がそろって初めてその現象が起こります。諏訪大社の上社の男神が下社の女神に会いに行くための道、という言い伝えもあるので、とても神秘的でロマンチックですね。

そんな神渡の名を冠したお酒ですが、毎年11月ににごり酒を発売されます。シュウ・サケ・コーポレーションでは、1年分のにごり酒を仕入れて、通年でおいしく飲めるように販売してくれています。そして、購入する方には「ビール割りにしてもおいしいですよ」とオススメもしているそうなのです。

ビールと合わせる割合は?

様々な割合の組み合わせを試してみました

肝心のお味についてですが、そのままの神渡のにごり酒は、控えめな甘さで、お米のコクが大いに感じられます。そこにビールを少し足してみると、なんということでしょう。麦と発泡感が加わり、なめらかでシルキーな口当たりで、しみいるように身体に入ってきます。

「なにこれ?!」と思わず声を上げてしまいました。

それから、サッポロ黒ラベルをそのまま飲んでみると、まるで水のよう。(それはそれで、とてもおいしいです)

「で、どうです?」と感想を求められ、思わず。

ライトに愛の告白をしているようですが、本当に好きな味わいでした。

ビールとにごり酒の比率は、やはりビールが多めの方が成り立つ感じがします。にごり酒が多くなると、その味わいの強さからビールがかき消されてしまうようでした。

この飲み方は、是非、個人の好みの発見として試して頂きたいです。ビール単体で楽しんで、にごり酒をそのまま飲んで味わい、そして混ぜることで味わいの広がりを楽しむ。きっと大きな発見がありますよ。

日本独自のアルコール文化が出来ていけば

北山さんは日本酒のプロですが、実はベルギービールも大好きで、ベルギーまで旅行にまで行ってしまうほどのファンです。(ベルギービール以外は詳しく無い、とはおっしゃっていましたが)
そして、様々なお酒を広く楽しみながら、日本酒の可能性も追求していらっしゃいます。

色々な楽しみ方をしながら、日本独自のアルコール文化が出来ていけばいいと思うんです

それは、まさに、私達ビアジャーナリストが活動を通して目指していることと全く同じ感覚でした。
私達は酒類の垣根を超えて、フラットに、且つより一層の高みを目指していけるのではないか。もうこれはお酒のアセンションが進んでいるに違いないと、明るい未来に希望を描きつつ、帰宅の途についたのでした。

 

シュウ・サケ・コーポレーション SHU SAKE CORP. (shu-sake.com)
youtubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC8H3su-Ftw9N1shtRyAUa_A

神渡 MIWATARI

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

マダム順子

この記事を書いたひと

松原 順子(MJ)

ビアジャーナリスト/Youtube JBJA Channelプロデューサー

ビールと昆虫とリコーダーと天然石が大好きです。JBJAではイベントサポートやBJAチューターも楽しんで取り組んでおります。人に寄り添う記事作成を心がけ、JBJA公式動画サイトJBJAchannelではMCを担当しております。
JBJA公式動画サイト:YouTube JBJAチャンネル

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。