[イベント,ブルワー]2022.9.26

REVO部員と造るビール第2弾の仕込みに参加!(後編)

5月に募集のあったREVO BREWINGのアンバサダー「REVO部員」。REVO BREWINGの活動を楽しく盛り上げ、新作ビールのアイデア出しや醸造・イベント活動などを手伝っています。
そのREVO部員と造るビール第2弾の仕込みレポート後編です。

前編はこちら
REVO部員と造るビール第2弾の仕込みに参加!(前編)

苦いは正義〜ホップの投入、煮沸〜

「濾過が予定より早く終わりそうです」
佐藤さんから連絡を受けて、醸造ルームへ戻ります。何ごとも想定外はつきもの。ビール造りも例外ではありません。

煮沸釜の内側には、輪っか状に電熱線があり、麦汁を加熱します。

煮沸釜の内側

この中にペレット状のホップを投入!今回造るスコッチエールはモルトが支配的で、ホップは苦味付けのために使います。いわゆるビタリングホップです。

ホップのペレット

ペレット状のホップ

煮沸には、麦汁へのホップの苦味づけ、殺菌、不純物の抽出などの役割があります。
なお、アメリカンIPAのようにのようにホップの香りをつけるビールの場合は、煮沸のあと工程や発酵などで追加投入します。

ホップを投入して煮沸した後の麦汁をいただきました。
ホットミルクを注いだときのグラノーラのような穀物感のある甘い香り。温かい麦汁をひと口。ほっとする甘みと同時に、ストレートな苦味がガツンとやってきました!後を引く苦味です。慣れてくると、これはこれで飲み物としてありなのでは?と思うのは、単にビール好きだからでしょうか?
甘さは、以前USJのハリーポッターエリアで飲んだバタービールを微かに思い出しました。
ホップを効かせたノンアルコールのホットビール、新商品にどうでしょう?

ブルワーはキレイがお好き〜仕込釜の清掃〜

次の工程のために仕込釜を空にする必要があるので、麦汁抽出後の麦芽カスを掻き出します。熱湯に浸かった麦芽カスなので当然熱い!火傷をしないように厚手のゴム手袋をして、交代しながら掻き出します。おいしい成分はすでに出てしまった後の麦芽カスからは、ほとんど香りを感じませんでした。

麦芽カスを掻き出す

火傷しないように気をつけて麦芽カスを掻き出す

余談ですが、釜・タンクは仕込みの度にピカピカに洗浄する必要があります。1タンクあたり4〜5時間程度、半日の作業です。仕込、煮沸、発酵と3つのタンクがあるので、全て洗浄するのにおよそ1.5日。実は、洗浄には仕込みの2倍以上の時間をかけているのですね。地味ですが、おいしいビールを造るためにとても大切な作業です。

未知との遭遇〜副原料〜

今回のビールには、栗の風味をつけるために副原料として栗ペーストを使います。REVO BREWINGでは初の試みだとか。ペーストは粘土状なので、このままでは麦汁に溶けません。そこで仕込釜でお湯と混ぜて溶かす作戦です。さて、想定どおりにいくでしょうか?

栗ペースト

山盛りの栗ペースト。甘過ぎず、ほっくり美味しい。

一袋1kgの栗ペーストの袋を皆で手分けして開封、まとめて仕込釜に投下。お湯を入れて攪拌します。しかし、思い通りにはなかなか溶けません。

溶け残った栗ペースト

溶け残った栗ペースト

投入した栗ペーストの1/3くらいが溶けずに残ってしまったので、大きな容器に移して麦汁を足し、厨房にあった大きな泡立て器でかき混ぜたところ、意外とあっさり溶けました。

攪拌器はプロペラが単一方向に回るだけなので、塊がゴロゴロ回るだけで溶けなかったんですね。次からは泡立て器を最初から活用しよう!

寝る子は育つ〜発酵〜

今回は乾燥酵母を使います。パンを作るときのドライイーストと同じですね。
発酵タンクは前日にきれいに洗い、二酸化炭素を充填しておきます。直前に熱湯をホースに通したて殺菌したあと、冷却器で冷やした麦汁を流し込みます。

冷却器

冷却器。これを通るだけでそんなに冷えるなんて!

その後、酵母を発酵タンクの上の口から投入。投入の前に、投入口周辺をていねいに殺菌します。雑菌も繁殖してしまう温度なので、特に気をつける必要があるステップです。

酵母投入

酵母投入!がんばって醸してください!

この後、発酵・熟成を経て、エールの場合は約1ヶ月で完成です。

カンパイは熟成のあとで〜お披露目をお楽しみに!〜

これで今回のビールの仕込みは完了です。朝10時から16時までの6時間の作業となりました。途中、醸造体験の参加者は休憩を取っていましたが、REVO BREWINGの水沼さんと佐藤さんは、麦汁のでき具合の観察などで休息の時間はありません。お疲れさまでした。

今回仕込んだビールは、横浜ハンマーヘッドの「カンパイヨコハマ」 10月8日(土)〜10(月・祝)でお披露目される予定です。イベントの詳細は、こちらをチェックしてください。

【4施設合同開催】秋の横浜みなとみらい臨海部を満喫するマーケット『BAY WALK MARKET 2022』 2回目の開催が決定!

ぜひ、こちらのイベントに足を運んでいただき、どんなビールに仕上がったかお楽しみください。名前にも注目ですよ!

なお、今回の仕込みの模様は、REVO BREWING公式 Instagramで公開されています。記事では伝えられなかった臨場感が味わえますので、ぜひ一度ご覧ください。

REVO活 新作ビール仕込み第2弾!(Instagram)

REVO部員の今後の活躍にも期待です!

REVO BREWINGREVO部スコッチエールビール造り煮沸発酵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

古川 人士

ビアジャーナリスト

1975年名古屋生まれ。2003年に就職して上京。
社会人になって趣味で登山を始め、山頂で飲むビールの美味さに感動。
さらに、登山で訪れた街のビアバーでクラフトビールの美味しさに目覚める。
ビールの魅力にはまり、2017年に日本ビール検定2級に合格。

自分の感じたビールの魅力や楽しみ方を、様々な方法で発信していきたいと考えています!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。