[JBJA活動]2023.3.25

【19期募集中!】ビアジャーナリストアカデミーって入るとどうなるの?

ビアジャーナリストアカデミー(JBJA)18期卒業の西條伊里也です。

現在、19期生の募集中です!

早速ですが、どうです、そこのあなた、ビアジャーナリストになりませんか?

んなこと言われても、そもそもビアジャーナリストってなんやねん、ってなりますよね?

おそらく

「ビアジャーナリストって言葉で想像はつくが、実際どんなのかわからない」

がアンケートとか取れば1位な気がします。

ってことで、ビアジャーナリストとは…いやいや、今回はそこの解説はしません。

なぜかって?

それはJBJAの我が同期の高山さんがビアジャーナリストとは何か、というのを記事にしてくれているからです。

「【19期募集中!】ビアジャーナリストアカデミーってなーに?」

そこを知りたい方は是非この記事を読んでいただくとして

僕からはビアジャーナリストになって、どうなったか、ということを中心にお伝えできればと思います!

と言っても、今のところ僕はまだこの記事しか書けていませんが…

「忙しくなるこの時期にこそときめきを!ビールのアドベントカレンダーのすゝめ!」

というのも…

正直に話します、大変です。しかし…

正直に話しますが、ビアジャーナリストとしては「情報を発信する」が主なのですが、記事を書くの、大変です。

常にアンテナを張っておかなくてはならないのです。

ネタ探し、大変です。

映画見てようが、本読んでようが、音楽聴いてようが、観劇してようが、仕事してようが、頭の片隅に「記事のネタになるもんないやろか」が常に頭の片隅にあります。

しかし、考えてみてください、ここのページを見ている人は、そもそもビールが好きな人ですよね?

ってことは、実はそれが楽しかったりしません?だって、ビールについて考える時間ですよ?

そんな贅沢な時間をビアジャーナリストという肩書きを持ちながら過ごせる、これです、これに尽きます。

そんな贅沢な時間の中で、僕の場合、書くまでは行ってないですが、常に頭の中に時期が来ればかけそう、なんてストックが一応あったりします。それを貯めるのも出すのも楽しいのです

ここで、個人でアンテナを張り巡らせて楽しんでるんだからそれで別にいいよ、って思った方、ちょっと待ってください。

広めたくないですか?ビールの素晴らしさ。

ちょっとでも「ビール」という自分の推し、贔屓のことを世間に知ってほしくないですか?

ただのウンチクを言う人からの脱皮

さて、ビアジャーナリストになる前の、自分の話ですが、

コロナ禍でビールが恋人に昇格!(プロフィール欄参照)

ビール検定ってのあるやん!

勉強してみよ!

さらにハマった!

ビール検定を武器に日々の勉強のため、ビールを文句言われずに飲める!

というところで止まっていました。

そんな中、ビールを飲んでいて、ふと、思ったのです。

このままでは、ただのビール好きなウンチクおじさんになってしまう…。

そう、知識を入れても、新しいビールを飲んでも、たかが、一般人。

ブリュワーでもなければ、お店を持ってるわけでもない、たかがビールのうんちくを垂れ流す、一般人。

自家醸造が禁じられてる日本では、一般人が少しでもビールに“携わろう”と思えば意外とハードルは高い。

それの打開策として、見つけたのがビアジャーナリストへの道

ビアジャーナリストアカデミー!!

そう、ビアジャーナリストになれば、たかがビール好きの一般人でも、ビールに携われる!

ビールという自分の贔屓、推しを広めることができる!これもです、これにも尽きるのです。

そして得れる繋がり

さて、まだ一本しか書いてない新米…いや、ここではフレッシュホップと言いましょう、な僕が思う一番のメリットは繋がりです。

ビアジャーナリスト、当たり前ですが、ビールが好きな人しかいない、そんな方々と繋がりが作れているのが一番いいことではないかな、と思っています。

なんせ、ビール好きに悪い人はいない気がするのです。

オンラインになったことで、全国津々浦々、いや、世界に跨って(JBJA同期にアメリカとドイツ在住の方がいます)受講者がいます。

オンラインで情報交換、また、生でお会いして情報交換なんてのもできます。

アメリカに在住のJBJA同期のビアジャーナリストの方が一時帰国された時。飲み物はもちろんビール。

そう、幅の広い情報に触れることができるのです。またしても、これもですね、これにも尽きるのです。メリットだらけ…いや、デメリットもあるかもしれません!

デメリット

これは言うべきか言わざるべきか迷うのですが、ぶっちゃけます。

デメリット、それは

熱狂的なビール愛、灼熱熱帯ビール愛にとらわれてしまう可能性があることです!

そんな深い愛の海にのまれ溺れても問題はないのですが、知性があるイルカの如くしなやかに泳ぎ切りましょう!

「飲み過ぎる」という意味では決してありません。ビール愛の話です。適正飲酒は守りましょう

最後に

そんなフレッシュホップなビアジャーナリストになれるビアジャーナリストアカデミー、19期の日程は、2023年5月13日,20日,27日の3回の講座と、6月10日の卒業制作発表会&卒業パーティーです。

定員は20名(定員になり次第締切)。既にお申し込みが続々と入ってきています。定員になり次第締め切りです、急がねば、です。

19期生のみなさんがビアジャーナリストの輪に加わるのを楽しみにしています。

講座内容の詳細はこちらから

ビアジャーナリストアカデミー 第19期生募集

BJA19ビアジャーナリストアカデミー

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

アバター画像

この記事を書いたひと

西條伊里也

ビアジャーナリスト

ビールは元々好きだったが、イギリス滞在中に、新型コロナの影響でロックダウン生活を送ることになり、意気消沈している時に近くのブリューパブが寄付という形で一週間に一度、販売していた持ち帰り用の4パイントのビールに救われた気がして、ビールとの関係性が、友達以上恋人未満の関係から恋人に昇格。ただ、それ以外にも宝塚歌劇、ミュージカル、演劇、音楽も愛していたりする。シャンソン、ドラム、パーカッション、その他色々もやってる時もあればやっていない時もあったり。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。