[テイスティング]2014.6.16

小さな反逆者「タイニー・レベル」が販売開始

イギリスウェールズ

イギリス・ウェールズの「タイニー・レベル(Tiny Rebel)」が、6月11日から日本でも販売されています。

「タイニー・レベル」は2012年から本格稼働したばかりの新しいブルワリーです。その翌年には「Champion Beer of Wales 2013」に選ばれるほどのクオリティー。『1001 Beer: You Must Try Before You Die 2013』にも掲載されており、いま最も注目されている新進気鋭のブルワリーといえるでしょう。

日本で販売されているのは下記の4種類。

Dirty Stop Out, The Full Nelson, Urban IPA, Hadouken

Dirty Stop Out, The Full Nelson, Urban IPA, Hadouken

・ダーティー・ストップ・アウト(Dirty Stop Out)
Smoked Oat Stout ABV5.0% IBU50
くん製されたオート麦と8種類のモルトをブレンドした今までにないスタウト。くん製料理と合わせてみたい。

・ザ・フル・ネルソン(The Full Nelson)
Maori Pale Ale ABV4.8% IBU45
その名前からもわかるように、ニュージーランドのネルソン・ソーヴィンを使ったペールエール。グレープ・フレーバーが特徴。

・アーバンIPA(Urban IPA)
Intercontinental Inspired Pale Ale ABV5.5% IBU65
イギリス、アメリカ、ニューワールドのIPAにインスパイアされて造られたIPA。巧みにブレンドされたホップが素晴らしいアロマと苦味をもたらしている。

・ハドーケン(Hadouken)
Amplified IPA ABV7.4% IBU80
「波動拳」と漢字で書けば思い出すあのゲームからインスピレーションを受けたダブルIPA。3種類のホップのコンボがたまらない魅力。
今回は「ザ・フル・ネルソン」を飲んでみました。

The Full Nelson

The Full Nelson

グラスに注ぐと爽やかなグレープフルーツのようなアロマ。一口含むと強い苦味が…と思いきや、優しい甘味とほのかな苦味。注いだ時とは異なる、グレープのようなフレーバーはネルソン・ソーヴィンによるものでしょうか。温度が上がると苦味もより感じるようになってきますが、尖った感じはなくバランスのとれた味わいです。ハーブを使ってさっぱりとした味わいの肉料理やサラダなどが合うかもしれません。

この「タイニーレベル」はポップなキャラクターが描かれたラベルも魅力。ポップでありながらインパクトのあるラベルは、まさに「小さな反逆者」を表しているかのよう。スコットランドの青いイヌばかりではなく、ウェールズの赤いクマの味わいも試してみてはいかがでしょうか。

商品の問い合わせ先
株式会社ジュート
電話:03-5429-1825
FAX:03-5429-1826

※東急百貨店 東横店、新宿伊勢丹、横浜そごう、西武百貨店池袋本店などで購入できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。