[テイスティング]2014.6.27

某格闘ゲームにインスピレーションを受けた「ハドーケン」―ビアレポート(102)

IPAイギリスウェールズ

ゲームはあまり得意ではない私です。

特に、アクションゲームのように反射神経を求められたり、誰かと対戦したりというものは少々苦手意識があります。ロールプレイングゲームやシミュレーションゲームのように、ひとりでコツコツできるものならいいのですが…。まあ、どちらにしても得意といえるほどのものではありません。

さて、今回ご紹介するのは、イギリスのタイニー・レベル「ハドーケン」です。

Hadouken

Hadouken

以前、こちらの記事でも紹介したとおり、タイニー・レベルはウェールズの新しいブルワリー。2014年6月11日から日本でも販売しています。

ポップなクマのイラストが魅力的ですが、その中でも今回は名前が印象的な「ハドーケン」を飲んでみました。名前からも分かるように、某格闘ゲームの必殺技からインスピレーションを受けたビール。この某格闘ゲームはビール以外でも海外に影響を与えており、「Hadouken!」というイギリスのバンドもあるそうです(音楽も詳しくないので詳細は不明ですが)。ちょっと前に流行した女子高生が吹っ飛んでいるかのような画像も、海外では「波動拳」と言われていたり。

現在日本に輸入されているタイニー・レベルの銘柄の中でも、「ハドーケン」は最もアルコール度数が高い7.4%。ホップの詳細はわかりませんが、3種のアメリカンホップの「コンボ」ということで、華やかなアロマが香ります。口に含むと、カラメルのようでもあり熟したフルーツのようでもある甘味。その一方で、パッションフルーツのようなフレッシュさも。苦味はあまりないかと思っていると、後からしっかりした苦味がついてきます。適度な飲みごたえのある1杯です。

ちなみに、ラベルに描かれている矢印は、この必殺技「波動拳」のコマンドだそうで、分かる人には見ただけで「おっ!」と思うのでしょう。このゲームをプレイしたことはないのですが、ちょっと波動拳を出したくなってきますね。

【BEER DATA】
ハドーケン
生産地:イギリス
醸造所:タイニー・レベル
スタイル:IPA
アルコール度数:7.4%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。