[テイスティング]2015.1.10

タイニー・レベルの冬期限定「クッチ」―ビアレポート(111)

イギリスウェールズ

語学が不得意な私です。

知り合いには、日本語と諸外国語の完全なバイリンガルが多いので、ちょっとした劣等感を持ったりしています。子どもの頃は標準語と大阪弁のバイリンガルでしたが、今は見る影もありません。

さて、今回はイギリスのタイニー・レベル「クッチ」をご紹介。

Cwtch

Cwtch

イギリスと一口に言っても、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドと分かれていて、このタイニー・レベルはウェールズの醸造所。2014年から日本でも発売されるようになりました。詳細はこちら

そんなタイニー・レベルの冬期限定ビールがこの「クッチ」。「Cwtch」とはウェールズ語で「抱きしめる」という意味だそうです。ウェールズはもともとウェールズ語がありました。イングランドに併合されて以降は英語が公用語となり、話者が減っていったようですが、近代ではウェールズ語話者も増えてきているようです。現在はウェールズ語と英語が公用語とされています。ウェールズ語と英語のバイリンガルという人も多いんでしょうね。

そんなウェールズで造られた「クッチ」のスタイルはウェーリッシュ・レッドエール。まろやかな口当たりで、モルトの風味とシャープな苦味が心地よく、ややドライな印象。ホップはアメリカンホップを使用しているようですが、ダージリンのようなフレーバーも感じられます。アルコール度数はやや低めの4.6%。冬のビールといえば重めのボディでハイアルコールが多いですが、モルトの優しさを感じられるビールを楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

【BEER DATA】
クッチ
生産地:イギリス
醸造所:タイニー・レベル
スタイル:ウェーリッシュ・レッドエール
アルコール度数:4.6%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。