[テイスティング]2015.4.7

ベースラインのようなインペリアル・スタウト「ベース・ドロップ」―ビアレポート(113)

体調を崩していた私です。

病院に行って診察してもらうと、やはりアレな状況でして、薬を飲まざるを得なくなってしまいました。処方された薬を飲んでいる間、ビールは飲めなかったので、いろいろ飲みたいビールが溜まってしまっていました。

そのうちのひとつがタイニー・レベルの春季限定「ベース・ドロップ」。

Bass Drop

Bass Drop

タイニー・レベルについては、何回か書いていますのでこちらを参照ください。

さて、この「ベース・ドロップ」とは、音楽関係の用語だろうとは思いましたが、音楽には本当に疎いので検索してみました。しかし、書いてある内容は、
「ノーマルで4弦Eを一音下げてDに」
「クロマチックチューニングモードがあれば4弦開放が1音低いDになるように」
「5弦のBをAに下げる」
といった呪文のような感じで、日本語でお願いします、と言いたい気分。まだ某ラーメン店の呪文「ニンニクマシマシヤサイアブラマシ」等のほうが理解できます。

たぶん、ベースドロップというのはベースのチューニングの方法なんでしょう。音楽に詳しい方からは「そんな基本も知らんのか」という声が聞こえてきそうですが…。

そこで、タイニー・レベルのインポーターさんに聞いてみることに。すると、ちょうどブルワーさんが来日していたということで、直接聞いていただけました。

あえて、そのまま文章を使わせてもらうと、
「club bangersってディスコのようなところのブンブン言っている、ベースラインのようなビール」
とのこと。

ひとまず飲んでみましょう。インペリアル・スタウトということで、液色は真っ黒。口に含むと、カカオやチョコはもちろん、クリーミーながらかすかなシトラス感も探し出せるフレーバーが鼻から抜けていきます。フィニッシュはローストの苦味からホップの苦味へ。ベースの重低音のようなロースト感が、ホップの苦味というリズムに乗っている感じでしょうか。病み上がりの体に9%のアルコール度数はどうなのか、とも思いましたが、飲みやすさもあって、いつのまにかグラスは空に。9%ほどのアルコール感はありませんでした。

冒頭にも書いたように、春季限定のビール。なくならないうちに。

【BEER DATA】
ベース・ドロップ
生産地:イギリス
醸造所:タイニー・レベル
スタイル:インペリアル・スタウト
アルコール度数:9%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。