[イベント]2015.2.2

日本クラフトビール株式会社が海外輸出向け「Far Yeast Tokyo Blonde – Export」を2/3に「常陸野ブルーイング・ラボ」で試験醸造

Far Yeast Tokyo Blonde - Export常陸野ブルーイング・ラボ日本クラフトビール

日本クラフトビール株式会社が「Far Yeast」に、海外輸出向けライン「Far Yeast Tokyo Blonde – Export」を投入します。
その試験醸造が2/3に「常陸野ブルーイング・ラボ」でおこなわれます。

以下、日本クラフトビール株式会社からのインフォメーションです。

東京をテーマにしたクラフトビール「Far Yeast」に海外輸出向けライン 「Far Yeast Tokyo Blonde – Export」を投入
————————————————————————————
FY_logo_1-300x300

日本クラフトビール株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:山田司朗)は2015年4月、「東京」をテーマにしたクラフトビールブランド「Far Yeast」に、海外輸出向けライン「Far Yeast Tokyo Blonde – Export」を投入します。

「華やかで、伝統と最先端が混じりあいながら日々進化していく『東京Tokyo』を象徴するようなビールを」というコンセプトのもとに誕生した「Far Yeast」は、2014年4月の発売開始以来、国内で好調な販売を続けています。
日本クラフトビールでは現在、アメリカ、イギリス、フランス、香港、タイなど海外9カ国で、基幹ブランド「馨和 KAGUA」の販売を行っており、このたびの海外輸出向けラインの投入は、各国の取引先からの要望を受けて決定しました。

現在国内で流通している「Far Yeast Tokyo Blonde」、「Far Yeast Tokyo White」は冷蔵保管の必要性や賞味期限の観点で、輸出に際して困難を抱えていました。
今回のExport版は「Far Yeast」の魅力はそのままに、それらの点をクリアすることにより実現しました。「Far Yeast Tokyo Blonde – Export」の醸造は、海外市場における日本のクラフトビールの先駆者である「常陸野ネスト」の製造元、木内酒造合資会社に委託して行います。
まずは「Far Yeast Tokyo Blonde」のExport版から着手し、今後「Far Yeast Tokyo White」などのExport版も検討していく予定です。

「Far Yeast」は醸造ごとにレシピを調整し、味を進化させているのが特徴のひとつです。
Export版はこれまでのレシピのよい点を組み合わせたExport版レシピで醸造します。
まず香港、台湾、韓国などアジア諸国から販売を開始し、順次輸出先を増やしていく予定です。
また、国内の飲食店・小売店鋪でも販売を予定しています。

日本クラフトビール株式会社では、今後も海外に向けて日本のクラフトビールを発信し続け、より多くのお客さまに上質な価値と、ビールの多様性・豊かさを提供できるよう努めて参ります。

【Far Yeast Tokyo Blonde – Export 商品概要】(予定)
商品名:Far Yeast Tokyo Blonde – Export 
(ファー イーストトーキョー ブロンド エクスポート)
販売開始予定:2015年4月上旬
価格:オープン価格
原材料:麦芽、ホップ
アルコール度数:5.5%
スタイル・特徴:洗練された香り高さと軽やかな飲み口が特徴のピルスナー
仕様:330mlボトルおよび樽

※販売開始に先立ち、2月3日(火)に、東京・神田の「常陸野ブルーイング・ラボ」にて試作品の試験醸造をご覧いただけるイベントを行います。

【Far Yeast Tokyo Blonde – Export 試験醸造イベント】
日時: 2015年2月3日(火)17:00-23:00 ※入退場自由
場所: HITACHINO BREWING LAB.(常陸野ブルーイング・ラボ)
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町一丁目25番地4
マーチエキュート神田万世橋  N1区画
http://hitachino.cc/pc/brewing-lab/
内容:同施設で行われるFar Yeast Tokyo Blonde – Exportの試験醸造の様子を見学しながら、ビールやフードをお楽しみいただけます。(キャッシュオン制。参加費なし)
イベント詳細ページ
https://www.facebook.com/events/1517741371820854/

<「Far Yeast」について>
“東京を拠点に活動するクラフトビールの会社として、世界に誇る「東京 Tokyo」の魅力を世界に発信できるビールを手掛けたい”との想いをスタートに、2014年4月に誕生しました。
日本クラフトビール株式会社による、「馨和 KAGUA」に続く2番目のブランドです。

華やかで、伝統と最先端が混じりあいながら日々進化していく「東京Tokyo」をテーマに、オリジナルレシピ(調合)をもとに国内委託醸造所で醸造しています。

ピルスナータイプの「Tokyo Blonde」 とセゾンタイプの「Tokyo White」の二種類を定番ラインとして展開中です。

<日本クラフトビール株式会社について>
“Democratizing beer”‐「産業化によって画一的な大量生産商品になってしまったビールの多様性と豊かさをもう一度取り戻す」、というミッションのもとに活動しています。
和の馨るエール「馨和 KAGUA」と、東京 Tokyoをテーマにした「Far Yeast」、2つのブランドを有し、それぞれのブランドコンセプトのもと、個性あふれるビールを世界へ向けて発信しています。

【Website】 http://www.nipponcraftbeer.com/
【facebook】 http://www.facebook.com/kagua.beer/
【twitter】 http://twitter.com/kaguabeer/

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

本格派ビール雑誌「ビール王国」発売中。

Fujisan.co.jp「ビール王国」 

楽天ブックス「ビール王国」 
アマゾン「ビール王国」 

ステレオサウンド

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。
https://www.facebook.com/beerkingdom.jp?fref=ts

※お店のメニューや営業時間、イベントの内容などの掲載情報については、予告なしに変更されることがありますので、念のためお店やイベント・サイトなどをご確認の上ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

*告知は、本サイト以外でも行われている場合がありますので、すでに満席や売切れの場合もあります。御了承下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。