[コラム]2015.4.22

ビールのネタ帳(11)ホップなしのビール

知って飲めばますます美味しいビールのあれこれ。
パブで披露すれば今宵の主役はあなた!?
雑誌「ビール王国」から、ビールの小ネタをえり抜きでお送りします。

ホップなしのビール

ビールに使われる原料としてホップは欠かせません。
ホップにはビール独特の苦味や香りを造るばかりか、防腐の効果もあります。

しかしビールにホップが当たり前になったのは、ほんの100年ほど前のこと。
それまでは味付けにタチヤナギ、ニガヨモギ、松脂など色々な植物やスパイスをブレンドしたものが使われていました。
動物の肝臓や、酩酊感を与える植物を加えることもあり、健康に害が及びそう。

これらのスパイスは「グルード」と呼ばれ、複雑な調合方法は秘伝とされ、学術の中心であった修道院の専売特許でした。
グルードを使ったビールを醸造する権利を市民に販売することで修道院は莫大な収入をえていました。
この収入を守るために、ドイツのケルンでは修道院がホップの使用に対して抵抗をしていました。

南ドイツのバイエル王国では、それらのグルードや体に害のある添加物を禁止し
ビールの原料を麦芽とホップと水(のちに酵母が加わる)に限定した「ビール純粋令」が
当時のバイエルン王ヴェルヘルム4世によって、1516年4月23日に制定されます。

この「ビール純粋令」現存する世界最古の食品に関する法律で、
まさにドイツビールの命運をきめた画期的な日でした。

「パブで絶対にウケる! ビールのネタ帳」は雑誌「ビール王国」に掲載。
バックナンバーはこちらから購入できます。
         ↓↓↓

Fujisan.co.jo 「ビール王国」
AMAZON「ビール王国」
楽天ブックス「ビール王国」
ステレオサウンド「ビール王国」

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。

714gGAplXTL
ビール王国vol.6は4月16日に販売開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。