[テイスティング]2015.8.18

インドを目指したジャーマンIPA―ビアレポート(117)

IPAドイツ

基本的にジャケ買いの私です。

世界中で数えきれないほどのビールが造られている昨今、どうやって飲むビールを選ぶかというのも人それぞれ。自分のビールの選び方はジャケ買いです。ビアバーに行った時は、アルコール度数が低めのものから高いものへ、といったような飲み方をするのですが、酒屋でビールを買うときはほぼジャケ買い。酒屋に入って棚を見渡すと、選ぶべきビールのラベルが光って見えるのです。

…ちょっと言い過ぎました。

が、先日酒屋に行ってみると、光りはしないまでも、今までのどんなビールよりも目を引くビールがありました。ドイツのSt.ERHARD「Farmhouse IPA」です。

Farmhouse IPA

Farmhouse IPA

全身オレンジ色に塗られたボトル。棚に並んでいたら一番目立ちます。

このビールは醸造所名が「St.ERHARD」なのですが、ドイツ語読みでカタカナにすると「ザンクト・エルハルト」でしょうか。インド人とドイツ人がバンベルクで2011年に創業した醸造所で、ヨーロッパだけでなくアジアへの輸出にも積極的なようです。

と、「でしょうか」「ようです」と歯切れの悪い言葉を使っていますが、実はほとんどこの醸造所、ビールの情報がないのです。公式ウェブサイトを見てもこのビールの説明がなく、途方に暮れていたところ、先日ニュースで話題になった『フィナンシャル・タイムズ』にこの醸造所についての記事(2012年11月12日付)がありました。ごくごく簡単にその内容を書くと、「インドではドイツビールの評価は高かったが、入手は難しかった。また、インドでは特別で贅沢なビールを求めている人もいた。インドへの輸出は多くの困難があったが、デリーやムンバイなどのホテルやレストランを中心に販売していく予定だ。ドイツ国内よりもアジアにフォーカスしている」といったところでしょうか。

その記事から3年経っていますので、状況は変わっているでしょうが、アジア重視は変わらないのでしょう。

さて、肝心の味ですが、モルトの甘味を強く感じつつ、さわやかさもある味わい。ダージリンやブドウを思わせる華やかなフレーバーも感じられます。スタイルはIPAですが、苦味はそれほど強くありません。モルトの味わいを重視したドイツらしいIPAですね。

IPA以外にもセゾン他、いくつかスタイルがあるようなので、光っているのを見つけたら手に取ってみてください。

【BEER DATA】
Farmhouse IPA
生産地:ドイツ
醸造所:St.ERHARD
スタイル:IPA
アルコール度数:6.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。