[テイスティング]2015.8.24

ミッケラーの春夏限定ペールエール―ビアレポート(118)

ワクワクが止まらない私です。

8月22日(土)、Mikkeller Tokyoが渋谷(渋谷区宇田川町37-10)にオープンしました。タップは20種類、ボトルは80種類を揃えているそうで、楽しみです(この記事を書いている時点ではまだオープンしていません。これから取材に行ってきます)。BrewDog Roppongiがオープンしたときは大行列になっていましたが、こちらもそうなるのでしょうか…。

ということで、今回はミッケラー「ケーレック」をご紹介。

k:rlek

k:rlek

ミッケラーについては言わずと知れたファントムブルワリーですので、ここでは詳しく書きませんが、JBJAでもミッケラー関係の記事はいくつかありますので、見てみてください。

さて、「ケーレック(k:rlek)」とはスウェーデン語で「love」という意味だそうで、毎年春・夏限定でリリースしているアメリカンペールエールです。夏の甲子園も終わって、夏のイベントももう一段落といった時期になってしまいましたが…。何をイメージしているのかわかりませんが、ラベルのイラストも毎年変わり、他のミッケラーシリーズのタッチとは異なりながらも、雰囲気を醸し出しています。

グラスからはオレンジやグレープフルーツを思わせるはっきりとしたアロマ。口に含むと柑橘のジューシーさが広がります。甘味、酸味、苦味のバランスが素晴らしいアメリカンペールエールという印象。心地よい苦味が余韻として残ります。

このビールはMikkeller Tokyoで提供されるかどうかわかりませんが、他にも魅力的なビールがたくさん揃っているはず。残り少なくなってきたこの夏はMikkeller Tokyoへ!

※オープン前のプレスパーティーでは、このケーレックもつながっていました。が、今日の時点ではどうなっているか…。なお、オープン日の行列はすごいことになっていたようです。

【BEER DATA】
k:rlek
生産地:デンマーク
醸造所:ミッケラー
スタイル:ペールエール
アルコール度数:4.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。