[イベント]2015.10.3

【シリーズ☆鳥取のビール事情】鳥取砂丘がビアラバー達のオアシスになっていたのでレポート

ビアフェスタ鳥取鳥取砂丘

 もうどれくらい砂丘を訪れてきたのか。

IMGP6735

 GLAYの「BELOVED」の出だしのように呟きたくなる。大多数の日本人にとって、鳥取砂丘は人生で一度は見てみたいものであり、同時に一度行けばまあ二度目はなくてもいいかな、というスポットだろう。いわば、イースター島におけるモアイ像である。大多数は一度見たら十分。だが、鳥取に住んでいると、足繁く通うことになる。おそらくイースター島に移住した日本人も、「もうどれくらいモアイを訪れてきたのか…」と街角に夏を飾るヒマワリを眺めながら呟いていることだろう。

 もちろん、砂丘は素晴らしいスポットだ。季節によって様々な表情を見せてくれる。ただ、訪問回数を重ねると、新鮮な感動が薄れてしまうのもまた事実である。そんな僕がもう前のめりで鳥取砂丘を訪れた。汽車の先頭車両に乗り込んだ。「鳥取砂丘ビアフェスタ2015」に参加するためである。鳥取駅からは無料のシャトルバスが出ていた。

IMGP6736
IMGP6737
IMGP6738

 開催場所は砂丘から少し離れた「砂の美術館展望駐車場」。9月25(金)、26(土)、27日(日)の3日間、鳥取砂丘がまさにビアラバーたちのオアシスと化していた。こんなオアシスがあるなら遭難したいくらいだ。

 一杯目の大山Gビール(大山ゴールド)は、もうある種の通過儀礼と言ってよいだろう。「3、2、1、バンジー!」と飲み干した後は、COEDOの紅赤、ヴァルシュタイナーへと流れる。

IMGP6742
IMGP6743

 ビールの種類は国内外から24種。当日価格は3時間飲み放題が5500円、当日券は600円。ドイツビールも1杯600円で飲める。ドイツの雰囲気はなくていいから安くドイツビールが飲みたい!という人にうってつけのイベントだと思う。フードは地元の飲食店12店舗が参加しているので、鳥取グルメが幅広く堪能できた。

IMGP6748
IMGP6755
IMGP6747

 チーズの布団を頭からかぶった鳥をバーナーで強制起床、の図。のすぐ近くに鳥取県のゆるキャラ、トリピーがいた。

IMGP6751
IMGP6753

 会場からは砂丘を見下ろすことが可能。県を代表する絶景を眺めながらのビールは最高だった。
 ※手前の方は絶望に浸っていたわけではなく、睡魔に襲われていたようです。

IMGP6765
IMGP6806
IMGP6831

 ステージがあり、ライブやダンス、郷土芸能なども楽しめた。このイベント、昨年は「鳥取砂丘ビアフェスタver.00」だったようで、今年が初の正式開催。それだけに、正直まだ改善の余地は多いと感じた。ビール好きとしては、醸造関係者がほとんどいなかったのも寂しい(おそらく大山Gビールの社長のみ)。かと言って、サービングしている方々も「とりあえず客に言われた番号のコックを下げてビールを出せばOK」的な急造スタッフなので、ビールについて聞いたりすることはほぼできない。

 でも、である。そんな一部のビール好きのためだけの些末なことなんてどうでもいいくらい、美味で平和で最高な空間が仕上がっていた。県内でも貴重なビール祭りである。これからもずっと続いて欲しいと切に願っている。
 
 
 
IMGP6749

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01006矢野竜広

この記事を書いたひと

矢野 竜広

ビアジャーナリスト

東京から鳥取に移住したフリーライター、ビアエッセイスト。
ビール好きが高じて、『ビールの図鑑』(マイナビ)の
執筆に携わり、さらには地ビール会社にも勤務。
ビールがある人生の素晴らしさを迷文で発信している。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。