[JBJA活動]2015.10.18

【シリーズ☆鳥取のビール事情】NHK文化センターで講座を開講したのでレポート

ビアエッセイストビール講座鳥取

たぶん中学生のときだったと思う。運動会の最後のプログラム「閉会の言葉」で印象的な出来事があった。

スピーチ内容で感動した、とかそういうことではない。子どもながらに長―いスピーチを覚悟していたら、そんな空気を察した校長先生が一言「まあ、皆さん疲れてるだろうから、今日はこれにておしまい!!」と言って切り上げたのだ。全校生徒が快哉を叫んだのは言うまでもない。

あまり人が求めていない場合、話したいことがあっても短く切り上げる方がいいんだ。そう深く胸に刻んだ少年はやがて成人になり、ビールをたしなむようになり、ビールの知識を付けるようになった。するとどうだろう、人に延々話したくなる。だが、僕の記憶内にはジョホールバルの歓喜と並ぶ、あの「閉会挨拶の歓喜」がある。例えばイタリアビールを飲みながらの楽しいひとときを、僕が延々話すことによって「ドレハーの悲劇」などにしてはならないといつも気をつけていた。

数カ月前、NHK文化センター鳥取教室からビール講座開講の依頼を受けてまず思ったのが、「ビールについて思う存分話せるぞ!」ということだった。依頼を食い気味に快諾し、話す内容をあれこれ考えた。やっぱりテイスティングはしたい。じゃあ、何を選んだらいいだろう?NHK文化センターの方と打ち合わせをし、作ったパワポ資料を見せに行き、内容は固まった。そして、あっという間に当日を迎えた。スタートは19時。僕は2時間前の17時に会場入りした。

IMGP6075

IMGP6079

壁には講座の案内がズラリ。よく見てみると…

IMGP6080

しっかり告知されてました!秋講座の折り込みチラシやHP等でも宣伝いただいた結果、定員10名を上回る11名の方々にお集まりいただけた。0だとさすがに中止だが最悪の場合、参加者1名でマンツーマンの講義も覚悟していたので嬉しかった(助かった)。

IMGP6999

IMGP7001

参加は11名なので、4名+4名+3名の3グループを作ることに。レジュメとテイスティングノート、おつまみを用意して準備万端(肝心のビールはテイスティング開始の20分ほど前に冷蔵庫から搬出)。

IMGP7009

受講者の皆様も集まり、いよいよスタート。男女比はほぼ半々。4~50代の方が多かった。ざっくりした流れとしては、自己紹介→ビールの基礎講座→ペアリングについて→テイスティング→ビールの入手&オーダー法→家ビーを楽しむコツ→質疑応答 というビギナー向けのものでトータル90分(実際は15分ほど延長)。

講座タイトルは、「ビアエッセイストがこっそり教える『最高に旨いビール』」。一応「こっそり」と銘打っているため、テイスティングしたビールの銘柄を全て明らかにするわけにはいかないけど(よく写真を見たらわかるかも)、スタイルだけ明かすと、「ヴァイツェン、レッドエール、ブラウンエール、IPA、トラピストビール、ラオホ」という計6本。この選定にめちゃくちゃ悩んだが、ビールの味わいの多様性は伝えられたと思う。

IMGP7014

というわけで、グラスへの注ぎ方の実演なども交えつつ和やかに講義終了。スタッフの方々との打ち上げでも最高に旨いビールが飲めた。

今回、初めて講師をやってみて色々な反省点があった。自分の知識のなさも痛感した。元々自分の知識が浅いことはわかっていた。自分一人ならそれでもいいけど、曲がりなりにも人前に立って講義を持つなら、もっともっと知識を深めた方がいいと思った。

一方で、講座を持つのはとても楽しいこともわかった。そりゃ、そうだ。「ビールについて話したい!」という思いを抑制しながら生きてきた人間が(あんな語っておいて?と思う人もいるかもしれない)2時間近くビールについて語れるし、目の前の人たちもそれを望んでいるのだから。「NHK文化センターの歓喜」が自分の人生の1ページに加わったくらいだ。

今回経験し学んだことをふまえて、また鳥取で、いやお呼びがかかれば西日本どこへでも足を運び(旅好きなのでむしろ遠い方が嬉しい)、「ビールがある人生の素晴らしさ」を伝えたいと考えている。

IMGP7032

※鳥取教室がある鳥取の観光地、白兎海岸にて(…だから何?とは言わないでください)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01006矢野竜広

この記事を書いたひと

矢野 竜広

ビアジャーナリスト

東京から鳥取に移住したフリーライター、ビアエッセイスト。
ビール好きが高じて、『ビールの図鑑』(マイナビ)の
執筆に携わり、さらには地ビール会社にも勤務。
ビールがある人生の素晴らしさを迷文で発信している。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。