[イベント]2016.2.21

2/25(木)「サンクトガーレン さくら」発売

さくらサンクトガーレン

2/25(木)「サンクトガーレン さくら」が発売されます。
長野県伊那市高遠の桜の花・桜の葉を使った桜餅風味のビールです。
ホップの使用は抑え、高遠の桜の花びらと葉で風味付けされています。
桜茶などにも使われる食用の八重桜を1回の仕込み(2340L) に60Kg使用されています。

以下、サンクトガーレンからのリリースから引用です。

サンクトガーレン さくら【春限定】

10732-1-20150213133359_b54dd7eb7dd98a

2016年の「サンクトガーレン さくら」は2月25日(木)発売です。

▶ネットショップにて先行予約承り中です。今なら楽天ふるさと割で30%OFF!

桜の花・桜の葉を使用した
春限定“桜餅風味ビール”

長野県伊那市高遠の桜の花・桜の葉を使った桜餅風味のビールです。長野県伊那市高遠の桜は「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれています。

通常ビールは大麦麦芽でつくりますが、このビールは大麦麦芽にプラスして小麦麦芽を使用。そのため、柔らかく優しい口当たりです。

ビールの苦味のもとになるホップの使用は抑え、高遠の桜の花びらと葉で風味付けをしました。桜茶などにも使われる食用の八重桜を1回の仕込み(2340L) に60Kg使用しています。

■商品概要
内容量     330ml
原材料     麦芽,ホップ,さくら
アルコール度 5%
賞味期限    90日(要冷蔵)
スタイル    ハーブ・スパイスビール
使用麦芽    ペールエール、ウィート
使用ホップ   コロンバス(トマホーク) ニュージーランド・ネルソンソーヴィン
IBU      17
初期比重    1.048
SRM      4.2
JANコード   4560375141099

日本の酒税法ではさくらがビールの原料に認められていないので、表記は「発泡酒」となります。麦芽率は高いので酒税はビール同じ。「節税型発泡酒」とは一線を画します。

よくある質問と回答
Q 使っている桜の種類は?
A 八重桜です。日本で多く食用として使われています。

Q 使っている桜の量は?
A 1回の仕込み(2340L)に60Kの桜の花と葉を使用しています。

▶フジテレビ『知りたがり!』でロンドンブーツの淳さんも「本当に桜餅風味だ!」とびっくり

さらに詳しい内容とネットでのお買い求め方法は
http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/sakura/
でご覧ください。

日本ビアジャーナリスト協会 フェイスブック
http://www.facebook.com/JBJA.jp
上のURLをポチッとして、開いたJBJAページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。
よろしくお願いします!!

本格派ビール雑誌「ビール王国」発売中。

Fujisan.co.jp「ビール王国」 

楽天ブックス「ビール王国」 

アマゾン「ビール王国」 

ステレオサウンド

取材風景やこぼれ話はフェイスブックでもご覧になれます。
https://www.facebook.com/beerkingdom.jp?fref=ts

「藤原ヒロユキのBEER HAND BOOK」をはじめ藤原ヒロユキのビール関連書籍は「アマゾン:藤原ヒロユキ著書」でお買い求めいただけます。

※お店のメニューや営業時間、イベントの内容などの掲載情報については、予告なしに変更されることがありますので、念のためお店やイベント・サイトなどをご確認の上ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

*告知は、本サイト以外でも行われている場合がありますので、すでに満席や売切れの場合もあります。御了承下さい。

「クラフトビールの定義。クラフトビールとは?」最新コラムはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

001藤原 ヒロユキ

この記事を書いたひと

藤原 ヒロユキ

ビール評論家・イラストレーター

ビアジャーナリスト・ビール評論家・イラストレーター

1958年、大阪生まれ。大阪教育大学卒業後、中学教員を経てフリーのイラストレーターに。ビールを中心とした食文化に造詣が深く、日本ビアジャーナリスト協会代表として各種メディアで活躍中。ビールに関する各種資格を取得、国際ビアジャッジとしてワールドビアカップ、グレートアメリカンビアフェスティバル、チェコ・ターボルビアフェスなどの審査員も務める。日本外国特派員協会会員。ビアジャーナリストアカデミー学長。著書「知識ゼロからのビール入門」(幻冬舎刊)は台湾でも翻訳・出版されたベストセラー。近著「BEER HAND BOOK」(ステレオサウンド刊)、「ビールはゆっくり飲みなさい」(日経出版社)が大好評発売中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。