[ビアバー]2016.7.23

うちの逸品いかがですか? 12軒目 【BROSELEY CRAFTBEER&PUB編】

BROSELEY CRAFTBEER&PUBGUINNESSうちの逸品いかがですか?大塚

東京都豊島区南大塚。山手線と都内で唯一の路面電車である都電荒川線の大塚駅のすぐそば、都電のガタンゴトンと走る姿とブレーキ音をBGMにビールを楽しめるところにBROSELEY CRAFTBEER&PUB(以下、BROSELEY)はあります。今回はこちらの逸品を探ってきました。

4年連続GUINNESS BEST PUBSに認定!

代表を務める池田氏は都内にある複数の飲食店での経験を積んだのちに2007年、ここ大塚にIRISH PUBをオープンさせました。それまではGUINNESSを中心に海外ビールを取り扱っていましたが、昨年9月、注目が高まっているクラフトビールを取り扱うPUBへリニューアルしました。

JR大塚駅南口を出てすぐそばにあるBROSELEY。アクセス良好なので、終電ギリギリまで飲める!

JR大塚駅南口を出てすぐそばにあるBROSELEY。アクセス良好なので、終電ギリギリまで飲める!

しかし、リニューアル後もGUINNESSは継続して提供しています。そのこだわりによって、BROSELEYは2013年から4年連続GUINNESS BEST PUBSに認定されています。

店内にはGUINNESSからの認定書が。継続して安定した味を提供していることもBROSELEYの凄さだ

店内にはGUINNESSからの認定書が。継続して安定した味を提供していることもBROSELEYの凄さだ

気軽にペアリングを試すことができるフードペアリングラボとは?

BROSELEYに取材に行ってみると、面白いメニューがありました。その名も¥300フードペアリングラボです。ビールが好きな人の研究として各ビアスタイルと相性の良いフードが用意されています。ワインで聞くフードとの相性。これはビールでも当てはまることなのです。フードとビールの相性が合うことで、両者をより美味しく味わうことができるのです。このような実体験がBROSELEYでは1品300円から楽しめてしまうのです。

メニューは定期的に変わっていくとのこと。好きなフードをチョイスできるので、色々試してみてほしい

さぁ、あなたはなにを試してみますか?

個人的には3品800円でタイプの異なるフードで、試してみるとその違いが良く分かるのでおススメです。

今回はササミのレモンサラダ(左)、ピリッと辛いミニスウィートチリチキン(中)、旬のカツオと夏野菜(右)をチョイス

今回はササミのレモンサラダ(左)、ピリッと辛いミニスウィートチリチキン(中)、旬のカツオと夏野菜(右)をチョイス

こちらのフードペアリングラボのメニューは定期的に変わるので、来店する度に、飽きることなく、「どんなフードとどんなビアスタイルが合うのかを楽しむことができます」と池田氏はおススメしてくれました。

ハーブの風味が増してスッキリさっぱり!

ビールを通して、いくつもの楽しみ方ができるBROSELEYさん。その中から今回、逸品に選んでいただいたのはササミの大葉チーズフリットです。

BROSELEYの逸品にチョイスしたのはササミの大葉チーズフリット(¥700)

BROSELEYの逸品にチョイスしたのはササミの大葉チーズフリット(¥700)

「レモンを搾りかけて食べていただくのがおススメの食べ方です」とBROSELEY流の美味しい食べ方を池田氏は教えてくださいました。

早速、レモンをかけて食べてみるとレモンの程よい酸味がササミの甘味を惹きたて、ササミの淡白な印象を少なくしてくれました。また、レモンはチーズの塩味を緩和してくれるので、「もう一個。もう一個」と何個でも食べたくなりました。

ここに合わせてくださったのは池田氏がペールエールの中で、上位に入る好みのビールというブリマーブルーイングのペールエールをチョイスしてくれました。

ブリマーブルーイングのペールエールは口当たりがよく、後味もマイルドな苦味。豊かな香りと味わい深さがあり、飽きのこないビールだ。

ブリマーブルーイングのペールエールは口当たりがよく、後味もマイルドな苦味。豊かな香りと味わい深さがあり、飽きのこないビールだ。

ペールエールと合わせてみるとしっかりとしたホップ感と大葉が重なり合って、ハーブっぽさが強まりました。それにより口の中に爽やかさが広がっていきました。それに加え、ホップの苦みによって、油っぽさが薄まり、また一口と食べ進めやすくなりました。

ちなみに「タルタルソースはお好みで」とのことです。

池田氏をはじめ、気さくなスタッフさんとの会話がとても居心地のいい空間で、気軽にビールとフードが楽しめました。とても美味しかったです!ごちそうさまでした。

代表を務める池田氏(左)とセクションリーダーの森氏(右)。気さくな2人。自然と会話が盛り上がる!

代表を務める池田氏(左)とセクションリーダーの森氏(右)。気さくな2人。自然と会話が盛り上がる!

★裏逸品

池田氏より「厚切りベーコンのコンガリ焼きもおススメなので、来店時にはぜひ、食べてみてください!」とのことです。

厚切りベーコンのコンガリ焼き(¥700)

厚切りベーコンのコンガリ焼き(¥700)

表面がカリッとしていて、噛むと肉汁がジュワっと口の中に溢れ、ベーコンの甘味と旨味で満たされる逸品です。おかげさまで、ビールがとても進みました。

☆Special Thanks 藤 瑠璃(ビアジャーナリスト)

 

◆BROSELEY CRAFTBEER&PUB Data

住所:〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-34-11運正ビル1F

電話&FAX:03-6907-4505

E-mail:broseley@polka.ocn.ne.jp

営業時間:月曜~木曜・土曜・日曜17:00~24:00 金曜 17:00~26:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。