[ビアバー]2016.7.16

ビア女の酒場放浪記(27)「天空のビアガーデン Terrasse」で健康美人になる

Terrasseビアガーデン

普段から飲んでばかりいますが、美も健康も恋も大切なコウゴです。
欲張りなんて言わず、“向上心があると”褒めてもらいたいですね。

そんな大人女子にぴったり。綺麗になれるビアガーデンを発見しました。
「天空のビアガーデン Terrasse」です。

場所はピカピカのビルディングが立ち並ぶオフィス街、大手町。
東京サンケイビルのエスカレーターで3階へ。
2
こちらの入り口から階段を上ると。。。

5
スーッと涼しい風が吹き抜けます。
先ほどまでの蒸し暑さはどこへ行ったのやら!

開放感のあるテラスが広がっていました。
ウッディなテーブルや、風にサワサワと揺れるグリーンも素敵。

視界がちょっと高くて、夜はキラキラの夜景に囲まれている感じ。
まるで夜空の中でピクニックをしているみたいです。

毎年違ったテーマでビアガーデンがオープンしており、
2016年の今年のテーマは「Feminine&Spice(フェミニン アンド スパイス)」。

美と健康に効果の高いスーパーフードと呼ばれる食材や、デトックス効果のあるスパイスをたっぷり使ったスペシャル料理が食べられるのですよ。

6
写真は4人前。(美SANTEプレート/バスケットサラダ/お肉プレート/大豆ミートのグリーンカレーと十六穀米/ココナッツアイス)
ボリュームがあるのに、お腹いっぱい食べてしまった罪悪感を和らげてくれるヘルシーなコースメニューです。

飲み物は「よなよなエール」「キリン一番搾り」「キリン一番搾りスタウト」などのビールや、スパークリングワイン、生サワー、ワイン、ウイスキー、デトックスウオーターなどなど。
かき氷マシーンと、12種類のカクテルシロップまであります。

セルフサービスで飲み放題!

つ・ま・り
自分でビール注ぎ体験ができちゃいます。
7

さ・ら・に
オリジナルカクテルが作れちゃいます
6-1

よなよな×スタウトのハーフ&ハーフ
かき氷にウイスキー
スパークリングワインにフルーツシロップなど

遊び心がうずいてしまいます。

キラキラの夜景に、健康美を追求した料理、肌寒くなった時にそっと差し出されるブランケット、肉を手で食べるためのビニール手袋など
女性に嬉しいサービスの数々。

なんですかかねぇ、この大切にされている感。
都会の競争社会の中で、しばらく味わってきていないような…

2時間たっぷり飲んで食べて癒されて、心身ともに健康になりましょ。

天空のビアガーデン Terrasse(テラッセ)
内容:2時間飲み放題とセット料理
料金:おひとり様 4,800円 (消費税込み)
毎週月曜日はレディースデー。女性のみ800円引き
※クレジットカード不可
住所:東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル4階 (4階「Terrasse(テラッセ)」へは、大手町サンケイプラザ3階からお上がりいただけます)
電話:070-5545-9045(予約専用)
070-5589-3761(お問い合わせ専用)
営業日:2016年5月10日(火)~9月16日(金)
営業時間:平日 17:00~23:00 (L.O 21:00)
土・日・祝日 12:00~22:00 (L.O 20:00)
定休日:無休(荒天時など臨時休業日あり)
最寄駅:地下鉄 各線「大手町駅」A4・E1 出口直結
https://www.facebook.com/tenkugarden

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。