[ビアバー]2017.1.24

それ行け!ちょい飲みのススメ(7)STARBUCKS EVENINGS 丸の内新東京ビル店

STARBUCKS EVENINGSちょい飲みスターバックス、

以前の記事でアルコールが飲めるスターバックスとして、Neighborhood and coffee をご紹介しましたが、アルコールが飲めるもう一つの形態としてSTARBUCKS EVENINGSがあることをご存じでしょうか?

2017年1月現在東京に3店舗を展開。
丸の内新東京ビル店、 有楽町ビル1階店、 アークヒルズ店

オフィス街にあり、“仕事帰りにワインやスイーツを楽しみながら過ごす、ゆったりとした自分だけの時間”をコンセプトした新しいスタイルの店舗です。
Neighborhood and coffeeが住宅街で“ご近所さん”をコンセプトにしているのに対し、STARBUCKS EVENINGSは電車に乗る前にちょい飲みしたいオフィスワーカーがターゲット。

2010年からアメリカ・シアトルのスタバ26店舗にて、「STARBUCKS EVENINGS」としてボトルビールとグラスワイン、それにあうおつまみの販売が試験的に行われていました。
客1人当たりの単価が上がり、夕方以降も売り上げの伸長が見込まれることから、2014年3月には数年以内にこの事業を数千店舗に拡大する計画が発表されました。
夕方以降も人が集い、くつろぐことができる店作りは、スタバのコンセプト“Third Place(もうひとつの居場所)”から考えれば自然な流れかもしれません。
2015年には英国で、2016年には日本でも始まり、徐々に店舗を増やしています。

今回ご紹介するのは「STARBUCKS EVENINGS丸の内新東京ビル店」
やはり多いのはスーツ姿のお客さんです。

コーヒーは通常の店舗と同じですが、力を入れているのはワインとスイーツのマリアージュ。

ワインは6種類(700円~)。
それに合わせるスティク型の「タルトレットTartelette(300円)」は8種類ほど。
ワインとタルトレットは自由に組み合わせできますが、お勧めのマリアージュも提案しています。

「赤ワイン + トマト&ゴーダチーズのタルトレット」(1,200円)、
「白ワイン + バジル&ストロベリーホワイトチョコレートのタルトレット」(1,200円)など。
タルトレットは甘さは控えめで、おつまみ風。ワインの味が引き立ちます。

ワインを使ったカクテル、ショットグラスで3種類飲み比べできる「ワインフライト(600円)」もあるので色々と試してみたいですね。

さて、肝心のビールは3種類
ゆずと山椒を使い華やかな香りが特徴、世界に誇れる和のビール「馨和KAGUA Blance(カグア ブラン)」
すっきりとした飲み口のドイツ産ダークラガー「Warsteiner Dunkel(ヴァルシュタイナー デュンケル)」
香り豊かなベルギーのペールエール「De koninck(デ コーニング)」

「馨和KAGUA Blance」はレギュラーですが、他の2種類はシーズンによって変わることも。

グラスはひとつひとつ手作りされる、うすはりの松徳硝子。
唇に優しく触れ、お酒の味が繊細に感じられます。

「あ~今日も一日仕事頑張ったな。」
電車に乗る前の息抜きに、洗練された大人ためのちょい飲み時間を過ごしたいなら、STARBUCKS EVENINGSはぴったりですよ。


*表示価格は全て本体価格(税抜価格)

STARBUCKS EVENINGS丸の内新東京ビル店
住所:東京都 千代田区 丸の内3-3-1 丸の内新東京ビル
営業時間:月~金: 07:00~22:30
土: 08:00~21:00
日祝: 10:00~20:00
定休日:不定休
http://www.starbucks.co.jp/evenings/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。