[イベント,ブルワー,新商品情報]2018.9.5

新しいホップを使ったFar Yeast Brewingの限定IPAが先行開栓!

Far Yeast BrewingFar Yeast Strata Black IPAFar Yeast Strata IPAけやきひろば 秋のビールまつり

9月5日(水)本日より9日(日)までさいたまスーパーアリーナで開催される日本最大級のクラフトビールの祭典「けやきひろば 秋のビールまつり」(https://www.beerkeyaki.jp/)。
お気に入りのブルワリーの新作を味わったり、新しいブルワリーとの出会いをさがしたり、個性あるフードとのマリアージュを試したりと、このイベントの楽しみはさまざま。そんな中、Far Yeast Brewingから限定醸造のIPAが2種類、一般発売に先がけて開栓されます。

新しいホップStrata(ストラタ)

このIPAは新種のホップ「Strata」を使用。このホップを使ったビールは、日本ではまだ1種しか発売されておらず、このIPAがStrataホップを使ったビールとしては国内で2番目となります。

Strataは、オレゴン州コーバリスのオレゴン州アロマホップ育種プログラムからリリースされた初めてのホップで非常に注目されており、アメリカでは、Sierra Nevada Brewingが「Fresh Hop Session IPA」にアロマを加えるホップとして使用しています。特徴は強い耐病性と複雑に重なるアロマフレーバー。Far Yeast Brewingの栁井醸造長によると

Strataはグラッシーさが少なく、トロピカルなピーチやマンゴーのような香りを感じるホップです。

とのこと。この新しいホップのアロマをぜひ会場で体験しましょう。

「Far Yeast Strata IPA」


Strataのトロピカルでシトラシーな香りを堪能できるIPA

「Far Yeast Strata Black IPA」

モルトの甘みをより感じられるすっきり爽やかなIPA

一つの仕込みから生まれた二つのビール

このビールの特徴について栁井氏にお尋ねしたところ

1つの仕込みからIPAとBlack IPAの2つのビールをつくるという試みに挑戦したビールです。麦汁を作った後に2つに分けて片方に濃色の麦芽で色をつけ2種類のビールにしています。Strataという 新しいホップの楽しみももちろんですが、 同じホップ、同じ麦汁から生まれた2つのビールを飲み比べて余韻を楽しんでほしいと思います。

とのこと。これは両方をぜひ飲み比べしてみたくなります!

Strataは各日数量限定

これらの限定ビールは各日数量限定で提供されます。
開栓情報はFar Yeast BrewingのFacebook(https://www.facebook.com/faryeast/)で公開されますので、まずは事前にチェックしましょう。

クラフトビールを堪能する5日間のまつりが始まりました。乾杯!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

よしのたま

この記事を書いたひと

よしのたま

ビアジャーナリスト

1965年、南信州生まれ。峻険な南アルプスと中央アルプスに囲まれた自然豊かなリンゴ農家に育つ。1女1男の母。大学卒業後1年間、まだ東西に分裂していた時代に南ドイツに遊学し、各街々の地ワインにハマる。帰国後は、翻訳会社、雑誌編集、組紐製造など好奇心のままに仕事を転々とし今に至る。その好奇心はビールにも顕れ「好きなビールは?」と訊かれた際の返事が同じだったことがない。目下のところ友人のフォトグラファーが連載中のビアエッセイの影響で、アジアのビールに興味津々。趣味は着物だが、茶道や華道といった着物っぽいことには一切通じていないため、結局のところ着物を着てビールを呑みに行くというのが趣味になっている。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。