[ビアバー]2018.12.6

博多の老舗ダイニングバーで遊ぶ、大人の夜

ビアバー九州博多福岡

博多の楽しみ方、知っていますか?

博多の夜の楽しみ方と言えば、真っ先に思い浮かぶのはノスタルジックな屋台の並び。
向こうでおでんを食べ、こっちで串を食べ、あっちでは何を食べよう。
赤ちょうちんを眺めながら、何でもありの屋台をはしごするのは魅力的で、まさしく博多に来た!という感じ。
でも、あなたがビール好きのビール狂いなら、福岡に来てこのお店に立ち寄らないなんてあり得ない。
博多で足を運ぶべき店、「COUNTRY BEER RESUTAURANT  COTTON FIELDS(コットンフィールズ)」のご紹介です。

中洲を見続けてきたダイニングバー

そのお店は中洲の繁華街のど真ん中にある、古き良きアメリカにタイムスリップしたかのような空間のダイニングバー。

地下に降りた先の店内は、店主であるマスターの好みでアメリカンカントリーのイメージになっており、装飾はほとんどマスターが一人で行ってきたとのこと。
海外のビアパブっぽい、ざっくばらんな雰囲気が心地いい。

この日お邪魔したのは23時を回った頃。中洲の夜をまだまだ楽しむ人々で賑わう店内。

コットンフィールズは、創業がなんと1980年という老舗ダイニングバー!
常時150種のボトルビールが用意され、これまでに扱ったビールの種類は800種。
数字がその歴史の長さを物語ります。
至る所に瓶ビールが並べられ、店内全体で品揃えの豊富さを伝えてくれます。
きっとここでなら、好みのビールに出会えるという期待感で胸の高鳴りを抑えられません。

注文をすると、グラスと共に栓を抜いたビールがボトルのまま運ばれてきて、セルフで注ぐスタイル。
メニューにはずらっとビールのラインナップがありますが、むしろ載っていないビールの方が断然多い!
種類が多過ぎて選ぶのに困ってしまうけど、フランクでにこやかなスタッフに好みを伝えればぴったりのものを選んでくれるのでご安心を。
困った時はスタッフのお勧めで乾杯をして、初めましてのビールを楽しみましょう。

スタッフにお勧めやお気に入りを聞けば、ビール談議に話も弾む。新入荷などの情報を聞き出してみては?

ビールの種類はもちろんのこと、コットンフィールズはご飯がおいしい!!ほんとにおいしい!
名物はスペアリブとタコス。ここにもアメリカンな雰囲気がばっちり。
スペアリブはボリュームたっぷりでしたが、ほろほろと口の中で解けていき、日本人好みの柔らかさと優しい味。
しっかりと染みた味付けにビールがすすみます。
深夜を回ると、小腹が空いてしまって炭水化物を注文したくなる人も大丈夫。
コットンフィールズはメニューが豊富で、その数90種。もちろんお腹に溜まるご飯系も充実しています。

注文するビールと共につまみをどうするか。
ペアリングに悩むのも、楽しい過ごし方の一つになりそうです。

店内の客席は、カウンターは10席弱ですが、奥にテーブル席が広がります。
出番を待つボトルビールが眠る大きな冷蔵庫を眺めながらカウンターで飲むもよし。
友人達とテーブル席で飲み直すもよし。
地元っ子曰く、相手がビール好きであれば、2人でゆっくり話したい時にも活用するとのこと。
程良い賑やかさはうるさ過ぎず、静か過ぎず。様々なシチュエーションで利用できる使い勝手の良さもあります。
また、店内にはこれまたマスターこだわりのBGM、カントリーミュージックが流れ、居心地の良さを引き出します。
ギターやバンジョーなど、いかにもアメリカンカントリーなBGMに、自然と気持ちも緩み、ついつい長居してしまいそう。

常時150種のボトルビールを眺めながら飲むのも、ビールマニアにはたまらない時間。カウンターでお隣さんやスタッフと会話を楽しむのも大人の過ごし方。

そして、いかにも中洲だなあ、と思わされるのがその客層。
大人の街らしく、店内にはアダルトな雰囲気のカップルをよく見かけます。
お姉さん達はみなさんドキッとするほどお綺麗で、福岡は美人が多いというのも納得です。
また、夜遅くまで営業していることもあり、周辺飲食店などの中洲で働く人たちが立ち寄る事も多いそう。

地元の夜の風景に浸る

コットンフィールズは土地に根付き、景色のように中州に馴染んでいるダイニングバーで、いかに地元の人に愛され続けてきたかが、その歴史や店内の雰囲気からもわかります。
地元の人たちにはTPOに合わせた使い方ができる便利な店として。
観光客にはわざわざ行きたいと思わせる素敵なダイニングバーとして。

いくつもの顔を持つコットンフィールズに一度足を踏み入れたら、必ずまた伺いますと、マスターに約束しちゃう魔法にかかります。

ちょっぴり乙な夜の博多の楽しみ方で、今夜も乾杯!

女子だけでも気軽に入れるカジュアルさが嬉しい!海外旅行先のような背景で、インスタ映え的にもgood!

コットンフィールズでは一緒に働く方を募集中とのこと!
大好きなビールに囲まれる職場で、乾杯のお手伝いはいかがでしょう!
ご興味のある方は、お気軽に下記連絡先までお問い合わせください。

COUNTRY BEER RESUTAURANT COTTON FIELDS

〒810-0801
福岡市博多区中洲4-2-15 メーンストリートビルB1F
TEL:092-271-5130/092-271-5610

基本年中無休。
[月~木]18:00~翌3:15(L.O.翌2:45)
[金・土]18:00~翌4:00(L.O.翌3:30)
[日・祝]18:00~翌2:00(L.O.翌1:30)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

乾杯ちゃん(大澤亜季乃)

この記事を書いたひと

乾杯ちゃん(大澤亜季乃)

ビアジャーナリスト

1991年東京生まれ(町田市)
立教大学文学部卒業
普段は都内OL アフター5は宅飲みが定番
全国地ビールフェスティバル一関にて国内のクラフトビールの盛り上がりを目の当たりにし、ビール好きが一気に加速。
特に若年層にビールの楽しさを広めたいと考え、主にInstagramにて、ほぼ毎日ビール愛に溢れた投稿活動を行う。クラフトビールが文化になるお手伝いを目指し、乾杯を重ねていきます。
Instagram:aki.b.94

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。