[コラム]2021.3.10

今すぐ実践!缶ビールを美味しくする3つの段取り

仕事は「段取り八分(8割)」と言いますが、事前の準備が結果に大きく関わるのは
缶ビールにも当てはまるってご存じでしたか?

伝説の注ぎ手「ビールスタンド重富」マスターの重富さんに、
ビールを注ぐ前の段取りを伺ってみました。

缶ビールの注ぎ方

特別なテクニック無しで、明日からビールがワンランク美味しくなる方法をご紹介します。

 (1) 買ってきたビールはひと晩寝かせる

ビールを買って、静かに持って帰ってくることはまずありません。
帰宅してテーブルの上にドンっと置いてしまうことも多いのでは。

ビールは振動や熱に弱いので、すぐに飲みたいところをガマンして
味が落ち着く24時間を目安に冷やすのがおススメ。
明日飲みたいビールは今日のうちに準備しておきましょう。

冷蔵室の詰め込みすぎは冷気が循環しないので、
明日飲む缶ビールだけを冷蔵庫にいれるのが段取り上級者。

 (2) 冷蔵庫のドアポケットで冷やさない

家電量販店の展示やテレビCMで、ドアポケットに並んだ缶ビールをよく見かけますが
一日に何度も開け閉めをするドアポケットはビールの保管には向きません。
冷気の直接あたらない冷蔵室に静置して下さい。

冷凍庫に入れると泡立ちが悪く、本来の味が堪能できなくなってしまうのでご注意を。
ビールの指定席を冷蔵庫に確保しておきましょう。

冷蔵庫でのビールの冷やし方

 

 (3) プルタブはゆっくり開けよう

プシュっと勢いよく開ける缶ビールの音は気持ちの良いものですが、
急激な気圧差で泡が暴れてしまうので
最初にちょっとだけ隙間をつくり、あとは静かに開けてみて下さい。
中を覗いてみると、ビールがグラスに注がれるのを行儀よく待っています。

本当にこんなことだけで味が変わるの?と思われた方は一度ぜひ試してみて下さい。
今すぐできる簡単なことばかりですが、缶ビール本来のポテンシャルを
ぐっと引き出してくれます。

仕事もビールも段取りが大切!
ぜひ段取り上手になって美味しいビールを飲んでくださいね。

 

協力:ビールスタンド重富  http://sake.jp/

ビールスタンド重富
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

ジャンク板村

ビアジャーナリスト

静岡県在住、広末・松坂世代の髭眼鏡ビアライター。

海外を旅して飲んだビールは数知れず。
アウトドアやフェスで飲む太陽の下でのビールが何よりの好物。
舌は大雑把だが、味以外の魅力を伝える記事と写真で
美味しくビールを傾ける。

好きなビール映画は「ショーシャンクの空に」
好きなビールソングは「夜の盗賊団/ブルーハーツ」

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。