[コラム]2021.4.17

韓国のキャリアウーマン・ユンちゃんが大好きなビールとは?

ビールは古くから現在まで、世界のあらゆる場所で造られて飲まれています。

そのことから、私は「ビールは世界共通のコミュニケーションツールである」と思っていますが、あなたはどうでしょうか。

うんうん、と頷いていただいた方、ありがとうございます!

 

今回からは【世界のビール事情】を国別に分けて、伝えていきます。

世界各国に住んでいるビール好きにインタビューをして、現地のリアルな声をお届けします。

お隣の国、韓国のビール事情

第1弾はお隣の国である韓国の特集です。

(情報元:Wikipediaより)

そして今回、韓国のビール事情を教えてくれるのはソウル在住のユンちゃん。

ユンちゃんは大学時代の友人で現在はソウルで働くOL。学生時代に日本への留学経験もあります。

平日は忙しく働き、週末にはクラフトビールを飲み歩くビール大好き女子です。

そんなユンちゃんに本日はいろいろインタビューをしていきます。(いまはコロナ禍で世界的に大変な時期なので、コロナ前の韓国の様子ということで聞いています。)

以下、楯=私ユンちゃん=ユンとして会話形式で伝えます。

韓国のビールブランドとその価格事情

私「あんにょん!ユンちゃんは普段はどんなビールを飲んでいるの?」

ユン「私はビールが大好きで、メジャーなビールブランドだけでなくクラフトビールも自宅やタップルームなどで飲んでいるよ。特にIPAのような苦いビールが好きだから有名な韓国のクラフトビールの【マグパイ】などをよく飲むかな。最近は韓国でもクラフトビールが流行っていて、いろいろな地域でブルワーが誕生しているし、タップルームもあちこちにできているよ。」

■韓国のメジャーなビールブランド(左からカス・テラ・クラウド)

■ 教えてくれた韓国オススメクラフトビール

・맥파이(マグパイブリューイング)magpie brewing

http://www.magpiebrewing.com/

・끽비어 컴퍼니(ギークビアーカンパニー)Geek Beer Company

・대도양조장(テドブリューイング)Daedo Brewing Company

 

私「韓国のビールはスーパーやコンビニで買うといくらくらいするの?」

ユン「スーパーやコンビニだと韓国のメジャーブランドは355mlで1,500ウォン(約150円)、日本や海外のビールは3,000ウォン弱(約300円弱)、クラフトビールは500mlで4,000〜6,000ウォン(約400〜600円)くらいかな。でもコンビニでは海外ビールが4缶まとめて買うと10,000ウォンになるセールをやっているから1缶だけ買う人はあまりいないかも。」

■真ん中に4缶でまとめて1万ウォンと書いてある。

韓国のおつまみ事情

私「ビールを飲むときによく合わせる定番のおつまみはなにかな?日本で言うと枝豆とかだけど。」

ユン「韓国で有名なのはチキンかな。ビールは韓国語で【メクチュ】なのでチキン×メクチュで【チメク】という言葉もあるくらい定番のビールのおつまみだね。あとは【ノガリ】といってスケソウダラの幼魚の干物が定番のおつまみだよ。」

■チメクの様子。チキンの24時間のデリバリーのお店なども多く、簡単にチメクが楽しめる。

■安いおつまみの定番ノガリは1尾1000ウォンくらいで買えるらしい。

韓国の飲酒文化事情

私「ユンちゃんは日本にも留学していたけど、韓国と日本の飲酒文化で韓国と違うと感じた点はある?」

ユン「日本に比べると乾杯の回数が多いかも。日本は飲み会の始まりと終わりに乾杯するけど、韓国は会話の合間にもよくそれぞれで乾杯をよくするよ。そして乾杯したら飲む(笑) あとは飲み放題のシステムは韓国の居酒屋にはないから羨ましい!」

私「なるほど。そういう飲み会でビールが苦手な人は何を飲むの?」

ユン「韓国はビールとソジュ(焼酎)の文化だから、ビール飲めなかったらソジュかなぁ。あとはワインとか。日本みたいにサワーやカクテルみたいなお酒は普通の居酒屋では少ないからビール飲めない人は大変かも。スーパーには売っているけどね。」

■ソジュ(焼酎)の文化。とにかくビールを飲むかソジュを飲むか。

私「最後に韓国に来たら、ビール好きはこの街に来たら楽しめるオススメスポットを教えて欲しい!」

ユン「ソウルのオススメスポットは梨泰院(イテウォン)エリアと乙支路3街(ウルチロサムガ)かな。お洒落なクラフトビールのお店が多いのは梨泰院。外人も多くて、最新トレンドの発信地だよ!あと乙支路3街は、飲み屋横丁が有名で、韓国の昔ながらの外飲み文化が見れるよ。みんな外のテーブルで、ビールやソジュを乾杯している。是非、コロナが落ち着いたら韓国に遊びに来てね!」

最後に

今回は韓国のビール事情をお伝えしました。

私も学生時代にソウルの大学に留学していたので、たくさんの韓国の方とビールやソジュで乾杯しました。(そしてたくさん潰れました笑)

韓国は飛行機で2~3時間で行ける日本から1番近い国です。

しかし、日韓の間には歴史的な問題も多く、コロナ前にはビールを始め日本商品の不買運動も起こりました。国家レベルではまだまだ難しい問題も抱えておりますが、韓流ドラマ、K-POP、そして私たちの大好きなビールを通じてもっとお互いが仲良くなれると思っています。ビールで乾杯をする瞬間、そこに国境はありません。乾杯のときにあるのは笑顔です。よね。

この記事が韓国のビール文化の理解に繋がり、コロナ収束後に行き来が増えて、もっとお互いの国が仲良くなれることを願っています。

冒頭で「ビールは世界共通のコミュニケーションツールである」ことに頷いてくれたあなた、一緒に体現していきましょう!

(写真:ユンちゃん提供)

チメク世界のビール事情韓国韓国のクラフトビール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

楯 優作

ビアジャーナリスト

ビールとは乾杯を通じて、あなたの人生そのものをちょっぴり楽しく、幸せにする飲み物だと信じています。
さて、今夜は誰と乾杯したいですか?

■基本情報
1989年、新潟県生まれ。
高校まで野球一筋。大学で韓国に短期留学し、ビールは世界共通のコミュニケーションツールであることを確信。ビール愛に目覚める。
びあけん2級、ウィスキー検定2級保持。

■研究分野
日本の麦酒史。
私の地元新潟県は、サッポロビールの生みの親である中川清兵衛、育ての親である大倉喜八郎、アサヒビールの設立に携わった外山脩造や初代醸造家で日本人初のブラウマイスター生田秀など、ビール業界の偉人を輩出。
私も新潟県民としてビール業界に携われることを誇りに、ビールの蘊蓄や楽しさを発信します。

■好きな言葉
「ビィールと云ふ酒あり。是は麦酒にて、其味至って苦けれど、胸隔を開くために妙なり。」(ビールという酒がある。これは麦の酒で、その味は苦いけれど、腹を割って話せるので不思議だ。)by福沢諭吉「西洋衣食住」

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。