[テイスティング,新商品情報]2022.4.7

泡も美味しい!キリン ホームタップにリニューアルした SPRING VALLEY 豊潤<496>が登場!

スプリングバレー

【画像提供/キリンビール株式会社】


工場つくりたてのおいしさが届くと話題の「キリン ホームタップ」。ビールのラインナップに早くも先日リニューアルした「SPRING VALLEY 豊潤<496>」が加わりました。
(リニューアルに関する記事はこちら

ホームタップのサーバーから注いだ、新しい「SPRING VALLEY 豊潤<496>」は、果たしてどんな味わいなのか、テイスティングしてみました。

スプリングバレー

【筆者撮影】


さっそくビールサーバーからグラスへ注ぎます。レバーを手前に倒すとビールが出てきます。最初はグラスを傾けて、泡が立たないように静かに注ぎます。
スプリングバレー

【筆者撮影】


仕上げは泡付けです。レバーを奥に倒すとキメ細かい泡が出てくるので、ゆっくりとビールの上にのせていきます。
スプリングバレー

【筆者撮影】


完成しました!この一連の作業の楽しさはビールサーバーならではです。缶や瓶のビールでは味わえない喜びがあります。

口につけた最初の印象は「泡が美味しい!」ということでした。缶や瓶のビールの泡と、ビールサーバーから注いだビールの泡は、やはり違いがあります。クリーミーでなめらかな泡は渋みやイヤな苦みもなく、最初に口に含んだ時、その後に口に入るビールのおいしさへの期待が高まります。

特に、この「SPRING VALLEY 豊潤<496>」は「IPL(インディアペールラガー)」というビアスタイルなのですが、泡の美味しさも存分に楽しめる「キリン ホームタップ」で特に美味しさが際立つビールではないでしょうか。

もちろん泡だけではなく、ビールそのものも非常に美味しく楽しめます。今回のリニューアルで加えられた日本産のホップ「IBUKI」の上品で穏やかな香りが感じられ、後味までバランスよく喉越しもスッキリ。何よりも適正にコントロールされている炭酸ガスと保冷機能がついたサーバーの効果は大きく、誰でも非常に高いレベルのコンディションでこのビールを楽しむことができるでしょう。

キリンホームタップ

【画像提供/キリンビール株式会社】


本格的な展開から間もなく5年を迎える「キリン ホームタップ」。今回リニューアルされた「SPRING VALLEY 豊潤<496>」がラインナップに加わったことで、自宅での至福の時間がさらに楽しめるようになったのではないでしょうか。

(キリンホームタップについて詳しくはこちら

SPRING VALLEY 豊潤<496>キリン ホームタップキリンビールクラフトビール家飲み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

この記事を書いたひと

津田 敏秀

ビアジャーナリスト

1972年、東京都出身。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業。
外食チェーン企業に15年間勤務の後、独立。串揚げとクラフトビールの店を7年間経営。今までの経験を活かし、飲食店の経営に関する記事を得意とする。
好きなビールはスタウト。趣味は乗り鉄。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。