[ビアバー]2023.4.23

クラフトビールが飲めるBARBER「FRANK’S BARBE(E)R THE STAND.」にオリジナルビールが誕生

髪をカットしながらクラフトビールが飲める。BARBER×クラフトビールという新しい空間を提供している「FRANK’S」がオリジナルビールの販売を開始します。

「FRANK’S」とは?

東京・大阪で展開するarcami株式会社のBARBER。現在、日比谷、人形町、飯田橋に3店舗あり、ビール好きにとって一石二鳥な時間を過ごすことができる場所になっています。特に飯田橋の「FRANK’S BARBE(E)R THE STAND.」は、「NUMBER 6」との共同経営店で、ビアスタンドでは最大10種類の樽ビールが楽しめます。

BARBERは男性専門ですが、ビアスタンドは誰でも利用可能です。アメリカンIPAを中心に、流行りのビアスタイルやブルワリーのビールを飲むことができます。

FRANK’S BARBE(E)R THE STAND.」の店内風景。軽く飲んでからカットするのも良いし、終わった後にゆっくりビールを味わうのも良い。

クラフトマンシップという共通項と親和性

そんな彼らがオリジナルビールを造ろうと思ったのはなぜでしょうか。ビールスタッフの須田慶之さんに聞きました。

「飯田橋のお店を始める前から『FRANK’S』さんと『NUMBER 6』代表(関口康啓さん)とで、いつかオリジナルビールを造りたい話をしていました」

「NUMBER 6」代表の関口康啓さん。

手作業であるBARBERの仕事とクラフトビールは、「クラフトマンシップ」という共通項があり、親和性が高いと考えていると言います。「FRANK’S」ブランドでは、アメリカのように双方の素晴らしさをミックスさせた文化を日本でも築くため、象徴的存在としてオリジナルビールを造ることになりました。

全国的にもBARBERとビアスタンドが一緒になっているお店は珍しいです。そこに象徴となるアイテムができることは一層個性を打ち出すことができるのではないでしょうか。

パートナーは「BEER BRAIN BREWERY」

今回、パートナーとなるのは、千葉県にある「BEER BRAIN BREWERY」です。

スタイリストが「BEER BRAIN BREWERY」を訪問したことをきっかけに、ブルワリースタッフがお店にカットをしに来るなど交流もあり、「NUMBER 6」のスタッフが直接ブルワリーを訪れて交渉して話が決まりました。

初めてとなるオリジナルビールのコンセプトは、「カット後にゴクゴク飲めちゃうIPAです。オーソドックスなIPAがベースとしながらも、最新のトレンドを取り入れることで、もう一歩踏み込んで奥行きを出しています」と須田さん。

オリジナルビールの仕込みをする須田さん。【画像提供/ FRANK’S】

カット後にゴクゴク飲めるIPAということで、商品名は「AFTER CUT IPA」です。

「BEER BRAIN BREWERY」スタッフと須田さん(中央左)。【画像提供/ FRANK’S】

完成パーティーを開催します!

「AFTER CUT IPA」。飲めるのはもうすぐです。2023年4月29日に「FRANK’S BARBE(E)R THE STAND.」で完成パーティーを開催します。

当日は、缶ラベルをデザインした日比谷店のスタッフ、トミー さんの個展も開かれます。

「FRANK’S BARBE(E)R THE STAND.」のInstagramに投稿されたオリジナルビールの投稿。当日は、「BEER BRAIN BREWERY」のハーフテイクオーバーイベントも同時に開催します。

髪をカットした後に、パーティーに参加してオリジナルビールを飲みながら、まだ知られていない開発エピソードを聞いてみるのも楽しそうです。完成パーティーの情報は「FRANK’S BARBE(E)R THE STAND.」のInstagramで確認ください。

新しい試みはワクワクしますね。開栓したら飲みに行ってみたいと思います。皆様も今年のゴールデンウィークは、BARBER×ビアスタンドのオリジナルビールからスタートするのはいかがでしょうか。

FRANK’S BARBE(E)R THE STAND.店舗情報

住所:東京都新宿区下宮比町2-31 第一園田ビル 1階

TEL:03-6228-1121

営業時間:平日12:00~22:00 土日祝11:00~21:00

定休日: なし

 

FRANK’S BARBE(E)R THE STAND.

※記事に掲載されている内容は取材当時の最新情報です。情報は取材先の都合で、予告なしに変更される場合がありますのでくれぐれも最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。

(一社)日本ビアジャーナリスト協会 発信メディア一覧

アバター画像

この記事を書いたひと

こぐねえ(木暮 亮)

ビールコンシェルジュ

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは4000種類以上(もう数え切れません)。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」「うちの逸品いかがですか?」「Beerに惹かれたものたち」「ビール誕生秘話」「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

●音声配信アプリstand.fmで、ビールに恋するRadioを配信中
PodcastSpotifyでも聞けます。

【メディア出演】
<TV>
●テレビ朝日「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」
●テレビ神奈川「News Link」
<ラジオ>
●TBSラジオ「鈴木聖奈LIFE LAB~○○のおじ様たち~」
●JAPAN FM NETWORK系列「OH!HAPPY MORNING」
<雑誌>
●週刊プレイボーイ(2019年2月11日号、2020年12月28日号、2022年12月12日号、2023年10月9日号) ●DIME(2019年4月号)●GetNavi(2020年2月号) ●週刊朝日(2020年6月12日増大号)●食楽(2020 SUMMER No,116)●週刊大衆(2021年4月19日号、2021年7月12日号、2022年6月20日号)●BRUTUS(944号 2021年8月15日号)●東京人(no.463 2023年3月号)●BRUTUS特別編集 増補改訂版 クラフトビールを語らおう!
<Web>
SUUMOジャーナル ●みんなのランキング ●この秋新しい恋をスタートしたいあなたに贈る!ビール恋愛心理学 ●初心者にも!プロがおすすめする絶品クラフトビール&ビアグラス ●プロの逸品 ●SORACHIの集い
【ビール講座】
厚木カルチャーセンター ビール入門講座
よみうりカルチャー北千住・錦糸町 ビール入門講座

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。