Warning: mysqli_query(): (HY000/2013): Lost connection to MySQL server during query in /home/jbja/jbja.jp/public_html/cms/wp-includes/wp-db.php on line 1924
お盆に死者の日ビール「デイ・オブ・ザ・デッド アンバーエール」―ビアレポート(105) | 日本ビアジャーナリスト協会
[テイスティング]2014.8.13

お盆に死者の日ビール「デイ・オブ・ザ・デッド アンバーエール」―ビアレポート(105)

アンバーエールメキシコ

ここ数年、夏休みを取っていない私です。

忙しいから夏休みが取れないというわけではなく、夏休みという概念がない状況が続いているだけでして…。しかし、世の中の大部分はもう夏休み。そしてお盆の時期ですね。

さて、今回ご紹介するのはメキシコのデイ・オブ・ザ・デッド「アンバーエール」です。

Day of the Dead Amber Ale

Day of the Dead Amber Ale

デイ・オブ・ザ・デッドとは、直訳すれば「死者の日」。メキシコをはじめとした中南米の祝日です。毎年11月1日、2日にお祭りが行われるのですが、日本でいえばお盆のような日でしょうか。

日本のお盆の行事は静かに先祖の霊を迎えるものが多く、派手さはありません。しかし、メキシコは違います。死者の魂が戻ってくるという意味では、お盆と同じようなお祭りですが、基本的には明るく楽しく祝います。街中もカラフルな装飾や花で彩られ、人々もこのビールのラベルのような仮装をしてパーティーしたり。骸骨とカラフルな色合いがなんとも不思議な感じですが、死を恐怖として扱っていないことがよくわかります。

そんな死者の日をモチーフにしたデイ・オブ・ザ・デッドは、アンバーエール、ヘーフェヴァイツェン、IPA、ポーター。ペールエールやブロンドエールも醸造しているようですが、日本に入ってきているのは4種類。今回は「アンバーエール」を飲んでみました。カラメルの適度な甘さにほんのりコーヒーフレーバーが加わり、ホップの苦味でバランスを整えています。全体的にはすっきりまとまっており、あまり重さは感じない仕上がりに。2杯目くらいに飲むといいかもしれません。

ラベルには「Death becomes you」と書いてありますが、怖がらなくても大丈夫。楽しい気分で飲んでみましょう。

【BEER DATA】
デイ・オブ・ザ・デッド アンバーエール
生産地:メキシコ
醸造所:Cerveceria Mexicana
スタイル:アンバーエール
アルコール度数:5.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。