[ビアバー,ブルワー]2016.1.21

Hodala(ホダラ)で飲み干そう!

台北の代官山とも言われるオシャレとグルメの激戦区、MRT東門駅近くの「永康街」。昨年の6月、ここに新しいブルーパブ「Hodala (ホダラ)(*1)」が開店したと聞き、10月に訪問した。
カフェや雑貨ショップなどが立ち並ぶ永康街のメイン通りを少し入ったところに立地している。周囲の店に負けずオシャレな店内だ。
20151023-181602

16タップのほとんどがオリジナルビール

16タップのほとんどがオリジナルビール

開店時間よりも早く着いたが、オーナーの侯俊宇さんが快く迎入れてくれ、話を聞くことができた。

オーナーの侯俊宇さん

オーナーの侯俊宇さん

ブルワリーでは一回の仕込みは 100リットル、発酵タンクは12個あるそうだ。
ここでしか飲めないビールを提供したいため、今のところビアフェスなどへ出す予定はないらしい。

ブルーパブらしく、モルトの展示

ブルーパブらしく、モルトの展示

ホップの展示も

ホップの展示も

多くの種類のビールを楽しむために、フライトを 2セット注文した。全体的に表示されているビアスタイルに対して特徴が抑えめな印象はあったが、これが台湾の気候や食事に合うと思う。

飲んだビール。8杯で約4,000円

飲んだビール。8杯で約4,000円

今回は短時間の滞在になったが、次の訪問を約束して店を後にした。
ちなみに、「ホダラ」とは「飲み干そう」と言う意味だ。

BEER LINE

BEER LINE

各テーブルにタップはタップが設置されている

各テーブルにタップはタップが設置されている

次回はこのタップで自ら注いでみたい

次回はこのタップで自ら注いでみたい

ビールの後はすぐ近くにある世界的に知られた小籠包の名店「鼎泰豊」の本店もお勧めだが今回は永康牛肉麺の紅焼牛肉麺をいただき、次の目的地ビアフェス会場に向かった。

紅焼牛肉麺

紅焼牛肉麺

(*1) 2016年5月3日追記
最新情報です。Hodala がリニューアル後に店の名前が変わりました。新しい店名は「掌門精釀啤酒」です。発音は「ジャンメン・ジンニャン・ピージュー」です。
「掌門」は代表の意味、「精釀」はクラフト、「啤酒」はビールです。

掌門精釀啤酒
https://www.facebook.com/hodalabrewery/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01005SHIBU

この記事を書いたひと

SHIBU

ビアジャーナリスト

ビアテイスター、ビアジャッッジ、ビアソムリエを取得し、審査会やイベントを通じてビールの知識、仲間との交流を深めています。ビールと写真をテーマとしてビールの魅力を伝えていきたいと思っています。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。