[コラム,テイスティング]2016.1.29

【ビール de ショートショート vol.1】「パブで見た夢の余韻」Fuller’s INDIA PALE ALE

味わい、パッケージ、ネーミング、商品コンセプトなどから思い浮かべるストーリー。
今日のビールはFuller’s INDIA PALE ALE

「パブで見た夢の余韻」Fuller’s INDIA PALE ALE

IMGP7770

もう何日この船に乗っているんだろうか。長い船旅は時間の感覚を狂わせる。港を出てすぐ嵐に見舞われ這々の体で進路を取ると、こんどは海賊の危難に心を煩わせなきゃならねえ。俺たちの命をかけて届けようとしてる荷が、まさかエールだなんてな。お偉方のやることにゃ見当がつかねえや。

それにしても、お天道様がえらく照りつける。そろそろ赤道付近ってことか。依頼主の館じゃ、今頃ご婦人方が優雅に紅茶をお召しになってるんだろう。俺も樽の中をエールを1杯やりたいもんだね。

そのとき、船が激しく揺れ、男はバランスを崩してその場に倒れこんだー。

「…い、おい、あんた。寝てるのか?」

仲間に肩を揺さぶられ、男は目を覚ました。

「夢を…見てたんだ」

パイントグラスにひと口残るIPAを流し込み、男はパブの喧騒をあとにした。体には、船酔いのようなけだるい感覚が残っている。パブで見た中世の夢の余韻に包まれながら、男はイースト・エンドの路地を行く。

Fuller’s INDIA PALE ALE

IMGP7728

170年以上にも及ぶ歴史を持つフラーズ醸造所。同社が手がける「LONDON PRIDE」はあまりにも有名だ。英国の伝統的なIPAからインスパイアされたFuller’s INDIA PALE ALEは、イギリス産の麦芽とゴールディング種のホップを用い、クラシカルな味わいに仕上がっている。

牧場の風を感じさせるわらや野花のような香りとともに、ほのかな柑橘類、スパイスのアロマ。豊かな麦の風味が通り過ぎる。舌の上にはダージリンティーのような苦味の余韻が残る。休日のアフタヌーンティーならぬアフタヌーンビアにおすすめだ。

【ごあいさつ】
はじめまして。日本ビアジャーナリスト協会7期生、宮本とも子です。味わい、パッケージ、ネーミング、商品コンセプトなど、ビールにはストーリーがあります。これから、脳内で紡ぎだされた物語とともにさまざまなビールをご紹介していきたいと思っています。また、ビールに情熱を傾ける人、ビールのある場所にも迫っていきたいと考えていますので、ビールのおつまみに読んでいただけたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原とも子

この記事を書いたひと

宮原とも子

ビアジャーナリスト/ビアライター

1979年、愛知県の自然豊かな山あいの里に生まれる。大学進学をきっかけに京都で十数年を過ごしたのち、UKロックとウイスキー好きが高じてイギリスへ。1年間の遊学中にイングリッシュ・エールとパブ文化の虜となる。帰国後、出産を機にフリーライターとなり、お酒、旅行、ビジネスコンテンツなどをウェブメディア等で執筆中。ビールを介して出会う人、場所、物語を通じて、「ビールは楽しい」を伝えていけたらと思っています。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。