[新商品情報]2016.12.8

オーストラリア発サンダーロード・ブルーイング・カンパニー「国境なきビール」シリーズ日本上陸!西友で限定発売

IPAオーストラリアペールエール新製品

西友は11月28日、全国の337店舗およびSEIYUドットコムにて、同社が直輸入するオーストラリアのサンダーロード・ブルーイング・カンパニー「国境なきビール」シリーズの限定販売を開始した。

”雷のように轟き輝く”サンダーロード・ブルーイング・カンパニー

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89_%e3%83%ad%e3%82%b4

サンダーロード・ブルーイング・カンパニーは、オーストラリアの主要都市メルボルン近郊で2009年に設立。社名の「サンダーロード」には、パーフェクトなビールを探求するために“チャレンジ精神を持ち、雷のように、轟き、光り輝いていきたい”という思いが込められている。

ブランドマスコットは北欧神話に登場する雷神、Thor(トール)。

ブランドマスコットは北欧神話に登場する雷神Thor(トール)。

設立の翌年、2010年に醸造を開始した同社は、オーストラリア国内のビアコンペティションAIBA(Australian International Beer Award)の中規模ブルワリー部門において、2014、2015年と2年連続でチャンピオンの称号を獲得。今年9月に開催された横浜ビアフェスにて日本初お目見えすると、来場者から好評を博した。

ビールはボーダーレス!「国境なきビール」シリーズ

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%893%e7%a8%ae

今回西友が発売した「国境なきビール」シリーズ第1弾は、「パシフィック」「ペールエール」「IPA」の3種。“国にこだわることなく、素晴らしい原材料、そして醸造方法があれば、世界中どこででもビールを作る” という同社のコンセプトのもと、原材料はオーストラリア産、製法はベルギーの伝統的な醸造技術であるボトルコンディションを採用している。

サンダーロード・パシフィック

imgp3344

新鮮なギャラクシーホップをふんだんに使用したサンダーロード・パシフィック。南国フルーツを思わせる陽気なアロマと繊細なシトラスのニュアンスがきらきらとグラスからこぼれる。口に含むと、香りの印象と比して苦味は少なく、カーボネーションも穏やかでするすると喉を通る。最初の1杯目にぴったりの軽やかな飲み口。

商品名:サンダーロード・パシフィック(330ml)
アルコール度数:4.4%
価格:245円(税抜)

サンダーロード・ペールエール

imgp3346

サンダーロード・ペールエールは数種の麦芽を使用。アロマからイメージされるのは、のどかで牧歌的な風景。豊かな麦芽の風味にホップの苦味がアクセントを加えている。草刈りを終えて牧草地に腰をおろしているような、ほっとひと息、といった気分のときにぴったりの1杯。

商品名:サンダーロード・ペールエール(330ml)
アルコール度数:4.6%
価格:245円(税抜)

サンダーロード・IPA

imgp3351
鼻孔をくすぐる柑橘の甘やかな香りに期待が膨らむ。口内にふくよかな麦芽の旨みが満ちたあと、ホップの苦味がじんわりと穏やかに押し寄せる。フルーティーなホップの香り・苦味、香ばしい麦の風味、すべてのバランスが絶妙で、ついつい次のひとくちを急いでしまう。気負わず飲めるIPA。

商品名:サンダーロード・IPA(330ml)
アルコール度数:4.9 %
価格:245円(税抜)

サンダーロード・ブルーイング・カンパニーの「国境なきビール」シリーズは、飲み疲れない、飽きのこない気軽さがある。”コスパの西友”らしい値ごろ感も魅力だ。デイリー使いのビールを探しているなら、ぜひ一度お試しを。

 

お問い合わせ先:合同会社西友
URL:https://www.the-seiyu.com
TEL:0120-360-373

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

宮原とも子

この記事を書いたひと

宮原とも子

ビアジャーナリスト/ビアライター

1979年、愛知県の自然豊かな山あいの里に生まれる。大学進学をきっかけに京都で十数年を過ごしたのち、UKロックとウイスキー好きが高じてイギリスへ。1年間の遊学中にイングリッシュ・エールとパブ文化の虜となる。帰国後、出産を機にフリーライターとなり、お酒、旅行、ビジネスコンテンツなどをウェブメディア等で執筆中。ビールを介して出会う人、場所、物語を通じて、「ビールは楽しい」を伝えていけたらと思っています。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。