[テイスティング,ブルワー]2014.5.12

USAブルワリー①ツーローズ・ブルーイング(パート2)Two Roads Brewing, CT

アメリカコネティカット州ツーローズピルスナー

前回ご紹介したツーローズ・ブルーイング。一年を通して作っている「定番」(イヤーラウンド)はピルスナー、ダブルIPA、セゾン、ホワイトIPA、ヘフェヴァイツェンの5種類。加えて「季節もの」(シーズナル)がそ各種あります。今回は定番商品からピルスナーをご紹介します。

<オールド・ファクトリー・ピルス Ol’  Factory Pils >

スタイル:ピルスナー

アルコール度数:5%

2R_6 packs_clipped_2send_factory

(写真:ツーローズ・ブルーイング提供)

正統派のピルスナーに、ドイツ産とアメリカ産のドライホップを使って「1ひねり」加えたのがツーローズのオールド・ファクトリー(「Ol’」 はOldの意)。ツーローズのブルワリーが、もともと古い工場(ファクトリー)を改装したものであることにちなんだものですが、長い伝統あるピルスナーのスタイルに、新しいなにかを加えようというブルワーの意気込みを感じます。のど越し良くピルスナーらしいフレッシュな味わいに、モルトのやわらかい甘み、シトラス系のフルーティーな香りのバランスが秀逸な一品。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

00200ニシムラヒロコ

この記事を書いたひと

ニシムラヒロコ

ビール愛飲家・ライター

スペイン、マドリード市生まれ、富山県富山市で育つ。
早稲田大学で美術史を専攻中、美術館めぐりに欧州を幅広く旅行。
一人尋ねた冬のベルギーでレッドビールに開眼する。
2002年に米東海岸の大学院に留学。
盛り上がりを見せるクラフトビール文化に魅了され、
以降飲み歩きを趣味とする日々。
2005年よりジャーナリストとしてニューヨーク市ブルックリン在住。
米国でさまざまな進化を見せるビールカルチャーとビールに情熱を傾ける
熱い人々の「今」を日本に伝えたいと一杯飲みながら考える日々。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。