[テイスティング,新商品情報]2017.4.27

テイスティングレポ:ドイツの本格ラガービール「Darguner Gold Lager(ダルグナーゴールドラガー)」

Dargunerダルグナー醸造所富士貿易

去る4月23日は「ビール純粋令」の日でしたね。
ビール好きの皆さんは何かされましたか?

「ビール純粋令」とは1516年4月23日にドイツのバイエルン公国で発布された法律で、「ビールの原料を麦芽、ホップ、水に限定する」と定めたものなんです。

ドイツビールを溺愛する私としては、麦芽100%のビールを1リットルのマスジョッキになみなみとビールを注いでお祝いしたかったのですが、大切な仕事が入っていたため、ぐっと耐えました。

で、その仕事が無事に終わりました。
となれば飲むしかないですよね。

とっておきの1本を冷蔵庫から取り出しました。

「Darguner Gold Lager ダルグナーゴールドラガー」
横浜にある富士貿易株式会社が3月から輸入を開始したばかりドイツのプレミアムビールです。
日本ではあまり知られていませんがダルグナー醸造所は、北ドイツのダルグンという街にあり、
ドイツとデンマークで屈指の規模にあるハーボー醸造所とタッグを組んでドイツ国内のみならず海外にも輸出されています。

もちろん、ビール純粋令に基づき副原料を一切使用せず、丁寧に造られたビールです。
ちゃんとラベルには「Gebraut nach dem Deutschen Reinheitsgebot」(ビール純粋令に基づき造られています)の文字が。

グラスに注いだ途端、豊かな麦のニュアンスと、それに寄り添うようなホップの若々しい香りが開きます。
麦のうまさがギュギュっと濃縮されたような力強い味わい。
後から追いかけてくるホップのノーブルな香りと苦味の余韻が長く、もう一口一口と飲み進めてしまいます。
ドイツらしく、しっかり味が濃いのに飽きが来ません。

芝生の上に足を投げ出して飲んだらさぞかし、おいしいだろうな。
これからのレジャーシーズン、お供に連れて行くにもピッタリなビールです。

Darguner Gold Lager (ダルグナーゴールドラガー)
生産国:ドイツ
醸造所:Darguner Brauerei
原材料:麦芽、ホップ、水
アルコール度数:5.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01001コウゴアヤコ

この記事を書いたひと

コウゴ アヤコ

ビアジャーナリスト

1978年東京生まれ。杏林大学保健学部卒業。
ビール好きが高じて2008年から1年半、ミュンヘンで暮らす。旅とビールを組み合わせた「旅ール(タビール)」をライフワークに世界各国の醸造所や酒場を旅する。ビアジャーナリストとして雑誌『ビール王国』、海外生活情報誌『ドイツニュースダイジェスト』など様々なメディアで執筆。『ビールの図鑑』『クラフトビールの図鑑』(マイナビ)、『極上のビールが飲める120店』(エンターブレイン)など。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。