[ビアバー,ブルワー]2019.3.15

高円寺「アンドビール」リニューアルとさらなる飛躍へ

アンドビールカレークラフトビールビアバーブルワリー醸造所

カレーとビールを美味しく味わえるお店、高円寺「アンドビール」が、2019年2月22日にリニューアルオープンしました。新しくなった「アンドビール」の魅力と想いをお伝えします。

カレーとビールのお店「アンドビール」

「アンドビール」は、ビール醸造家 「安藤 祐理子」氏とカレーのシェフ「安藤 耕史」氏のご夫婦で切り盛りされており、それぞれがその道のプロに学び、研究や修行を重ねて開いたお店です。店名の「アンド」は苗字の「安藤(Ando)」と、ビール以外も美味いもの、ハッピーなものを提供していきたいという由来があります。

左: ビール醸造家「安藤 祐理子」氏、右:カレーのシェフ「安藤 耕史」氏

広くなったお店

新たなアンドビールの客席は、24席(カウンター6席、2人掛けテーブル2台、4人掛けテーブル2台、6名掛けテーブル1台)となり、大幅に増えました。この拡張には、リニューアル前はモルトなど原料を置いていたスペース、醸造設備のスペースだった箇所の約半分を、新たな客席にすることで実現しております。キッチンの拡張として、醸造設備のスペースだった箇所の残り半分は、調理機器や食器洗浄機の設置場所などに使われました。席数の増加の伴い、カレーなど料理の提供量も増え、お皿など洗い物も増加するので、良い設備投資の印象です。

写真提供:アンドビール (左)発酵タンクのあったスペースが客席とキッチンへ、(右)モルト置場が客席へ

本格的なスパイスカレー

カレーのシェフ「安藤 耕史」氏は、昨年2018年にはインドなど、海外でさらにカレーやスパイスの修業を積みました。そのシェフが作るカレーは多種あり、季節によっても変わりますが、ほぼ3種類が提供されています。単品でも美味しいですが、2種盛や3種盛など、合い掛けもおススメします。なお、月数回はビリヤニ定食を提供する日があります。

写真提供:アンドビール (左)3種合い掛けカレー、(右)炊き立てのビリヤニ

オリジナルビール

カウンター側の壁面6タップにて、ビール醸造家 「安藤 祐理子」氏の醸造したオリジナルビールを主とした、クラフトビールが提供されます。ビール以外にも、サイダー(シードル、リンゴの醸造酒)もつくられています。提供するビールのスタイルは、 縁のある農家の果実を使った爽快で飲みやすいもの、隣のお店のコーヒーを使った芳醇なものなど多彩です。また、「安藤 祐理子」氏は、WIPA(Double IPA)が特に好きとのことで、ホップを多種多様に使ったものやハイアルコールのビールを良くつくられている印象です。是非、カレーとビールのマリアージュを楽しんでください。

(左)WIPA、(右)シードル Apple Apple Apple

拡張された醸造設備

リニューアル前は、糖化釜と煮沸釜、発酵タンク250Lが3基などの醸造設備がお店の奥に設置され、ガラス越しに見えました。これらの醸造設備は、お店近くの新醸造所へ移設。そして、発酵タンク250Lを1基、400Lを2基、グリコールタンク1基とグリコールチラー(熱交換器、冷却装置)など多数の醸造設備を追加し、醸造の規模は倍以上になりました。さらに、ケグ(ビールの樽)を保管する大型の冷蔵庫も追加予定とのこと。ビールの醸造量が増えるので、お店はもちろん、ビアフェス等イベントへの出店も行っていくと伺いました。また、新醸造所に試飲スペースをオープンする計画もあり、醸造設備を見ながらビールを味わうことが、出来るようになります。「アンドビール」を、味わえる機会が増えるのは楽しみです。

(左)新醸造所へ移設・搬入直後の発酵タンク、(右)写真提供:アンドビール 稼働にむけ整備中の醸造設備

リニューアルの経緯と今後について

「アンドビール」は、2017年8月末にオープン、2018年2月5日に醸造免許取得、2018年3月11日に初のオリジナルビールをリリースしてきました。リニューアル期間の2019年2月12~21日に一時閉店し、醸造設備の移設・拡張、お店の工事等を実施。そして、2019年2月22日にリニューアルオープンしました。

リニューアルの経緯と目標

「アンドビール」の事業拡張としては、ビールの醸造量を増やすこと、お店を拡張して客数を増やすことが必要でした。まず、ブルワリーの拡張として、醸造設備の増強を計画。新醸造所の場所を探している中、良い物件に巡りあったため、このタイミングでリニューアルを決意されました。醸造設備の移設に伴い、お店のスペースにも空きが出来るので、同時にお店の拡張を実施。また、新たに「アンドビール」の仲間となる方もおり、設備だけでなく、人員も増強されます。

「アンドビール」は、オリジナルビールのリリースから1年を経たずで大型拡張を行うなど、事業拡張が速い印象です。それには、夫婦二人で事業を行いつつ、それぞれの担当分野を明確に分けて、持続可能な形で運営してきた背景があります。担当分野が違うので、お互いリスペクトしあえること。そして、お互いのやりたい気持ち、タイミングを尊重しあうことが、事業の成長につながりました。もし、大きくしたいと高望みしても、それをやりたいという人が付いてこなかったり、気持ちが追い付かなければ、実現できません。今後の目標は、「自分たちの気持ちに真っすぐ働ける環境をつくること」とのことです。

ビールづくりへの取り組み

「安藤 祐理子」氏は、今後は醸造するビールの種類を増やし、量も安定的に提供できる様にします。ビールの種類増としては、これまでは設備都合でつくれなかったサワー系のビールや、保管場所の都合で出来なかった長期熟成ビールに挑戦。ビールの供給量増加としては、仕込みを1日に2回行う「ダブルバッチ」に挑戦し、1日の仕込み量を増やすことで、発酵タンクの容量増に伴ったビール醸造量増の実現を計画。また、ビール醸造およびその前後の工程の効率化も図ります。例えば、電動ミル(ビール醸造にて、麦芽を破砕する工程で使用する設備)の製作、ケグ洗浄機(ビールの樽を洗う機械)の確保などです。ビール醸造の負担を減らしつつ、ビールの種類と量を増やすという、地道ながら効率的な取り組みをされます。

ビール醸造家「安藤 祐理子」氏

より、美味しいカレー作りを!

「安藤 耕史」氏は、今後も季節感のある新作カレーを野心的に作られます。型にとらわれないフリースタイルを貫いており、インド、ネパール、スリランカを始め各国で学んだ料理にインスピレーションを受けた、「ジャパニーズ創作カレー」を提供。また、スパイスをつかった気の利いた料理を増やし、「ビールとのマリアージュをより一層楽しめる店」にしていきます。「インプットなくしてアウトプットなし」との格言を持たれており、今後も様々な国を旅し、そこで学んだ経験により、美味しいカレー作りに励まれることでしょう。

カレーのシェフ「安藤 耕史」氏

アンドビールで、カレーとビールを楽しもう

今回のリニューアルは、お店や醸造設備が拡張されただけでなく、カレーやビールづくりへの想いも、さらに強くなっていることが伺えました。「アンドビール」は、今後のさらなる飛躍が楽しみなブルワリーです。カレーとビールを楽しめるお店でもあり、是非訪れることをおススメいたします。

この記事が、素敵なビールとの出逢いに役立てれば幸いです。


■アンドビール
東京都杉並区高円寺北4-2-24 105

営業時間:
[月火] 定休日
[水木] 11:30~14:00、17:00~22:00
[金]  11:30~14:00、17:00~22:30
[土日] 11:30~22:00
[祝]  11:30~22:00

FACEBOOK:
https://www.facebook.com/andbeerkoenji/
INSTAGRAM:
https://www.instagram.com/andbeer_koenji/

※臨時休業や営業時間の変更の可能性もあります。
訪れる際は、事前にご確認をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

この記事を書いたひと

田口 篤史(Atsushi Taguchi)

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビール大好き!ビールを求めドイツやベルギーを中心にヨーロッパをよく旅していました。
世界にも日本国内にも、素敵なビールはまだまだたくさんありますので、巡りたいところは尽きません。
ビールの素晴らしさ、楽しさを多くの人に伝えていきたいと思います。
Enjoy!Beer!

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。