[コラム,テイスティング]2016.3.1

ビアカクテルでWin-Win!(2)チョコビアカクテル

ビアカクテル

ビアLoverも“ビール苦手さん”も同じようにおいしく味わえる、まさにWin-Win!なビアカクテルを追求する連載シリーズ。第1回からだいぶ間があいてしまっておりました。そんな折、1つ前の記事内でも触れましたが、先日の「ファクトリーカミカゼ」の取材時においしいビアカクテルに出会ったのです!

それは、「チョコビアカクテル」。大まかなレシピは教えていただいたのですが、カミカゼビールはごく限られた場所でしか購入できないので、全国的に入手しやすい銘柄で実際に試してみました。すると、すばらしく相性の良い組み合わせが見つかりました!

↓こちらです。

  • アンバーエール(常陸野ネストビール)
  • モーツァルト・チョコレートクリーム(輸入者:サントリースピリッツ株式会社)

リキュールの甘味が立ちすぎても×。けれどもビールの苦味が立ちすぎても、ビアカクテルとしてはおいしくありません。この組み合わせは、甘味がきれいに出てなおかつビールらしい苦みも顔を出すそのバランスが◎でした。

○KIMG1227連結

左:常陸野ネストビール・アンバーエール/右:モーツァルト・チョコレートクリーム(リキュール アルコール17%)

作り方はとっても簡単。チョコレートクリームを30ml入れたグラスに、アンバーエールをなみなみと注ぎます。写真のBBWグラスでいうと220mlぐらいでしょうか。グラスのサイズに合わせて、双方の分量は調整してください。

○KIMG0243連結

30ml=大さじ2杯のチョコレートクリームをグラスに注ぎます。そこにゆっくりとアンバーエールを注ぎます。

すると、こんな感じに可愛らしくモコモコとした泡が立ってきます。マドラーで軽く、グラスの底のチョコレートクリームが全体にいきわたるようにかき混ぜたら完成です!「ビール」と思って飲むと甘くてちょっとビックリするかもしれないので、ビールが入っていることは一旦忘れ「チョコレート味のお酒」だと思って飲んでください! 甘いけれども、それが意外と後を引かないところは、ビールのキレの良さが活きているところ。

○KIMG0247

ビールとリキュールの化学反応か、かなりしっかりとしたムース状に立つ泡は持ちがよく、飲み切っても消えないぐらいです。デザートスプーンですくって食べても、ほろ苦い味が楽しめます(食感は好き嫌いがあるかもしれません。個人的には好きです)。

ただしアンバーエールは6%、リキュールは17%の度数がありますから、先ほどの30mlプラス220mlで単純計算すると、カクテルの状態で約7.3%の度数があるので、極端にアルコールに弱い方にはオススメできません……。口当たりは優しく可愛らしいですが、飲みすぎには要注意! やや“小悪魔的”なビアカクテルかもしれませんね。

なので、「お酒は弱くないけど、ビールは苦くてダメ~」みたいな方には一番ぴったり。そんなお友達がいる方は、「こんなのどう?」とおすすめしてみてはいかがでしょう?

○KIMG0255

生チョコやポッキーなどとペアリングを楽しみましょう。写真の生チョコは私が自分用に作ったもので、カットがかなりアバウトですが、それなりにおいしそう?

チョコレートとの相性はもちろん良いので、ペアリングもぜひ試してみてください。

さて、ビアカクテル研究(2)チョコビアカクテルはいかがでしたでしょうか? 今後も、素敵なビアカクテルに出会えたときに、ぜひこの場で紹介していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

くまざわ ななこ

この記事を書いたひと

くまざわ ななこ

ビアジャーナリスト/ビアライター

ビールとカレーと小田急線をこよなく愛するライター/エディター。インタビューの場数だけは踏んでいる自負があるので、その経験を活かしてビールに携わる人たちの思いを伝えるべく、ビアジャーナリストとしても邁進している。「小田急ビア散歩」「カレーをつまみにビールが飲みたいっ!」シリーズを連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。