[ビアバー]2016.3.9

うちの逸品いかがですか? 6軒目 【Beer bar 富士桜Roppongi編】

Beer bar 富士桜Roppongiうちの逸品いかがですか?六本木富士桜高原麦酒

いよいよ本日3/9(水)富士桜高原麦酒さんの直営店が六本木にオープンします。今回は期待の新店が出す逸品を一足先にいただく機会がありましたので、ご紹介していきたいと思います。

なお、お店の詳細な概要はビアジャーナリストの野田幾子さんが記事を書かれていますので、ここでは割愛させていただきます。

この日はサラダ、魚料理、肉料理がそれぞれ2品。そして、ごはん1品が提供されました。普段は1品紹介なのですが、今回はオープン特別編ということで、何品かご紹介します。

パクチーのスパイシーさが食欲をそそらせる

1品目は砂肝・ベーコンとパクチーのサラダ。

パクチーが好きな人は外せない

パクチーが好きな人は外せない

砂肝やベーコンの塩味、脂の甘味のジューシーさにパクチーのスパイシーが加わって、とても華やかな風味です。パクチーが結構効いており、香草好きにはたまらない逸品ではないでしょうか。私はピルスのビター感との相性がとても心地良かったです。

名水で育ったニジマスをカルパッチョで

 

甲斐サーモンは山梨の隠れた名産品

甲斐サーモンは山梨の隠れた名産品

富士桜Roppongiでは地元山梨の食材を使用しているところも特徴の1つです。とくにニジマスは国内第3位の生産量を誇り、甲斐サーモンと呼ばれています。その特徴は大型であることです。味はまさにサーモン。身も肉厚で弾力があって食べ応えも充分です。ヘルシーなメニューですので、ダイエット中のおつまみとしても最適だと思います。

未体験の組み合わせにドキドキ

今回、ビアジャーナリストの中で最も注目が高かったのが自家製コンビーフのチョコレートソース添え。

コンビーフとチョコレートという新しい組み合わせ。どんな味かは実際に体験してほしい

コンビーフとチョコレートという新しい組み合わせ。どんな味かは実際に体験してほしい

「コンビーフとチョコレートは合うのか?」興味津々で口に運んでみるとコンビーフの脂っぽさをチョコレートのコクがうまく包みこんで食べやすくなっている印象を受けました。また、コンビーフの塩味によって、チョコレートの甘味が惹き立っていました。どこかクセになる味でした。チョコレート自体は甘さ控えめなので、甘いものが苦手な方にも食べてもらいたい逸品です。ビールとはやはりラオホが良かったです。

タイ米を使用してさっぱりとした炊き込みご飯

 

さっぱりと食べられるが嬉しい逸品

さっぱりと食べられるが嬉しい逸品

ごはんものは信玄鶏とジャスミンライスの炊き込みご飯。ほのかなスパイシーさとお米はタイ米を使用しているので、パラパラとした食感がとても軽く食べることができて締めにピッタリの逸品です。信玄鶏も柔らかくジューシーです。

六本木という土地柄、海外や普段あまりクラフトビールに触れる機会の少ないお客さんの来店を予想しており、フードメニューも今後、新しいメニューが登場予定です。

ビールもこことㇱルバンズでしか飲めない富士桜Roppongi Draft1も楽しめます。富士桜高原麦酒の美味しいビールと地元食材を使用した逸品に出会いに六本木に出かけてみてはいかがでしょうか。

日本を代表するブルワーの1人でもある宮下天通氏が率いる富士桜高原麦酒が都内で飲めるはビールファンにとっては喜ばしいことだ

日本を代表するブルワーの1人でもある宮下天通氏が率いる富士桜高原麦酒が都内で飲めるはビールファンにとっては喜ばしいことだ

◆Beer bar 富士桜Roppongi Data

住所:〒106-0032 東京都港区六本木4-8-7 嶋田ビルB1F

電話:03-5411-3333

URL:http://www.beerbar-fujizakura.jp/

営業時間:月-木 17:00~23:30 金・祝前日 17:00~29:00 土 16:00~29:00 日 16:00~23:30

アクセス:都営大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅6番出口徒歩約0分(六本木交差点より徒歩約2分)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05007木暮 亮

この記事を書いたひと

木暮 亮

ビアジャーナリスト

『日本にも美味しいビールがたくさんある!』をモットーに応援活動を行っている。実際に現地へ足を運び、ビールの味だけではなく、ブルワーのビールへの想いを聴き、伝えている。飲んだ日本のビールは2000種類以上。また、ビールイベントにてブルワリーのサポート活動にも積極的に参加し、ジャーナリストの立場以外からもビール業界を応援している。

当HPにて、「ブルワリーレポート」、「うちの逸品いかがですか?」、「Beerに惹かれたものたち」、「ビール誕生秘話」、「飲める!買える!酒屋さんを巡って」などを連載中。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。