[新商品情報]2021.3.12

【スワンレイクビール】ハチミツをつかったビールMiel Blanc【限定醸造】

令和3年3月10日より、スワンレイクビール の限定醸造、Miel Blanc (ミエルブラン)が再販された。

Miel Blancは2017年に初めて限定醸造として登場し、2回目は2019年、以降毎年3月に発売されている、副原料にハチミツを使用したビールだ。

私が初めてこのビールを飲んだのは、2017年。このビールが初めて発売されたときだ。その頃はビールにハマり始めたばっかりで右も左もわからなかった頃。

ハチミツの甘さをイメージしていたが、飲んだ感想は、「あれ?全然甘くない!」とイメージとのギャップに戸惑ったことを覚えている。

勉強するうちに、ハチミツの糖分は、ブドウ糖と果糖がほとんどを占めており、いずれも単糖類のためビール酵母の餌となり(分解してアルコールと炭酸ガスにするため)甘味が残りにくいと知った。

また、二次発酵でワイン酵母を使用することでフルーティーな酸味とクリーンで繊細な味を表現しているようだ。

上品なデザイン

【ブルワーより】

今年も造りました。『ドライ』で『ドライ』で『ドライ』なビール。

ミエルブランに使用する副原料の『ハチミツ』と、二次発酵で使用する『ワイン酵母』は、どちらも出来上がりのビールをドライな印象にさせる役割があります。その特性を最大限に引き出す為に『brut製法』で製造しました。

《 限定醸造 》

Miel Blanc

alc.5%

ハチミツ由来のほのめく甘さ、けれどもドライな口当たり。ワイン酵母が醸し出すフルーティな酸味とクリーンで繊細な味わいが身体に沁み渡ります。

令和3年3月10日より販売開始となります。

数量限定の為、無くなり次第終了となります。お見かけの際には是非ともご賞味くださいませ。

Beer of Luck!!

(スワンレイクビール Facebookより引用)

 

Brutと聞くと、詳しい方は「糖分分解酵素を使用して糖分を限界まで分解させ酵素を使って、比重は最低1.000を切って限りなくゼロに近づける、かなりドライなビール etc….」と考えるだろう。

しかしながらMiel Blancは、Brut製法とはいうものの、モルトのおいしさも残すため、糖を完全に切らせるわけではないという。モルトのほどよい甘さとドライさを絶妙なバランスで仕上げている、まさに職人技だ。

実際に飲んだ感想だが、まず、ハチミツの甘い香りはあまり感じない。私が飲んだのはボトルだが、炭酸もしっかりあり、ドライで飲みやすいためごくごくいけてしまう。ドライながらもモルトの風味を感じることができ、ワイン酵母によると思われる酸味、後味には、優しいハチミツの風味を感じる。前述の通りハチミツの甘さは強くないが、モルトの風味とあいまって、ナッツのハチミツ漬けやハチミツビスケットのような味わいを少し感じることができた。

ハチミツ?ワイン酵母?Brut?と気になった方はぜひお試しいただきたい。

Miel BlancSWANLAKEスワンレイクビールミエルブラン新潟クラフトビール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

この記事を書いたひと

よこやまれい

ビアジャーナリスト

新潟県長岡市出身、新潟市在住。クラフトビールに出会い、その縁で素敵なビール仲間と出会い人生の幅が広がったことから「いつかビールに携わる仕事がしたい!」と目論む青年です。
好きな色は黄色。
地方在住ということを生かして、ローカルなニュースなどをお届けしたいと思います。いつか公認の新潟大使になれることを夢見て…。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。