[コラム,テイスティング,ビアバー]2016.11.16

【第1部】『 Highbury 』が持つ魅力とは何なのか?- Pub Culture ・ Nostalgie Tap ・ Plzeňský Prazdroj 編-

highburyNostalgie TapPlzeňský Prazdrojパブ

「ビールは醸造場の煙突が見えるところで飲め」

1876年、パスツールの低温殺菌法がビールに応用できると発表されるまで、こんなドイツの古諺があった。それほどに、ビールは繊細な飲み物である。

現在でさえ、そのビールが本来持つおいしさを引き出すために、造り手やインポーター、それを提供する側が細心の注意を払うことで、私たちの喉元を唸らせてくれている。

今回ご紹介するビアパプも、まさに煙突が見えるところで飲んでいると思わせるかのごとく、技巧と情熱を込めて「至高の麦のお酒」と「空間」を提供している。

『Highbury -The Home of Beer-』(以下、ハイバリー)。
安藤 耕平(あんどう こうへい) ・ 榮川 貴之(えいかわ たかゆき)の両氏が手がける英国パブだ。

安藤 耕平氏(左)と榮川 貴之氏(右)【同店Facebookより転載】

開店してから2か月余りだが、ビアギークの間でも話題になっている同店。
その魅力は何なのか?安藤氏にお伺いしてみた。

■店主らの想い溢れる店内に心満たされる

東京メトロ丸の内線・新宿御苑前駅から歩いて数分。路地に入ると、異国情緒あふれるその店舗が姿をあらわす。一見華やかな風貌だが、門をくぐるとシックな基調の店内が目前に広がり、どこか懐かしささえ感じさせる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内の様子。木を基調とした落ち着きある面持ちだ。

「自分達の体験した、現地英国のパブ文化を体現したかったんです」

そのパッションは、店内の雰囲気作りにでさえ余念がない。例えば、バーカウンター。安藤氏がイギリスへの留学時代に感銘を受けた「THE WHITE HORSE(ホワイトホース)」というパブのものと全く同じ寸法で作られている。

14686510_1054277908002731_780813326_n

安藤氏が実際に計測した際のメモ。

 

「THE WHITE HORSE」のカウンター(左)と、実際のHighburyのもの(右)。縦の寸法が一緒に作られている。

「ホワイトホースの、【そこに人が来るからビールが必要】という空気が好きだったんです。ここでも来る人にとって【ホーム】となるような空気を作りたいなと。」

ぜひ、グラスを傾けながら伺ってみるといい。外観のロゴ・壁掛けの写真…すべてに思い入れが詰まっていて、聞くほどに共に日々を歩んできたような気分にひたされる。
プロ選手のサポーターのごとく、このあふれる思想に多くの人が引き込まれていくのだろう。

■最高のものを最高のものとして提供するこだわりのために

店内でもひときわ目を引くのが、この「ノスタルジータップ」だろう。最高のラガービールを注ぐために、本場チェコの職人にお願いした特注品だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

LUKR社(チェコ・ピルゼン)製の特注ノスタルジータップ。「送料がもったいないから」と、安藤氏自ら現地に受け取りに行ったというウラ話も。

「このタップの良いところは流量を0→100の間で調整できるところ。加えて、ホース径も9.5mmと通常の8mmより太くしています。」

それは何故なのか?

「強い流量で液を流すことで、グラスの底から上がってくる対流を作ります。それによって持ち上がる泡をヘッドに持ってきつつ、その対流の勢いで余分なカーボネーションを抜いているんです。実は注ぎ口にはフィルターも内蔵されていて、それでいてきめ細かい泡を作っています。」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノズル先端にはメッシュのフィルターが内蔵されている。クリーミーな泡を形成するのに一役買っている。

これが極上のラガーを注ぐために考案された方程式だ。

そうして注いでいただいた一杯目。
すべてのラガービールの原点ともいうべき「 Plzeňský Prazdroj (ピルゼンスキー・プラズドロイ)」である。

「ピルスナーウルケル」と聞けばお分かりになる方も多いだろう。しかし、「本物」のウルケルに敬意を称して、ここではその名で提供されている。現地から空輸で仕入れ、店舗で24時間以上しっかり休ませてからつながれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「 Plzeňský Prazdroj (ピルゼンスキー・プラズドロイ)(ABV 4.4%)」。真っ白な泡と黄金色に輝く液体。注ぎ切った安藤氏も満足そうな笑みを浮かべる。

そのビールは、たしかに「プラズドロイ」であった。
鼻に近づけると上品なノーブルホップの香り。口に入れれば麦の焙煎香が広がり、トーストを噛みしめたような香ばしくも甘い麦の旨味を追いかけるように、ホップの苦味とフレイバーが舌に存在を訴えかけてくる。水のように抵抗なく、それでいて深い味わいやコクが引き出されているのは、このただならぬこだわりがあってこそだ。

「すでにある最高峰のビールを最高の状態で提供する。そうでなければここまでこだわった意味がありません。」

流量が多い分、注ぐのは一瞬の勝負。両氏ともに真剣なまなざしが印象的であった。

彼らが注ぐ際の表情も、さながら競技に挑むスポーツ選手のようだ。はじめは2回に1回は注ぐのに失敗していたという。それでも原価も二の次にして完成品を提供し続けていた。
その本気の1杯の美味しさを知れば、リピートせずにはいられないのだ。

【Next …】
【第2部】『 Highbury 』が持つ魅力とは何なのか?- Thornbridge ・ Fashion ・ YEBISU 編-(11/20更新予定)
https://www.jbja.jp/archives/14487

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05006佐藤 翔平

この記事を書いたひと

佐藤 翔平(あむろ)

ビアジャーナリスト

ビールが大・大・大好きです!

どれくらい好きかと言うと...
☑【普段の食卓でも当たり前に多種多様のビールを選べる日本にしたい。】そのために『正しく、気取らず、実になる』ビールペアリング記事を主に執筆中。

☑飲んだビールは2500銘柄以上。

☑インターナショナル・ビアカップなど各大会審査員をつとめる。現在各協会に於けるビアジャーナリスト、シニア・ビアジャッジ、ビアソムリエの有資格者。

☑ビールを広めるためにも...
#ワインソムリエ#唎酒師#焼酎唎酒師#SAKE DIPLOMA#コムラード・オブ・チーズ#ウィスキーエキスパート

※但し、アルコール耐性は低いです。

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。