[コラム]2017.2.3

上品なラベルデザインのサワーエール「サーシムコー」―ビアレポート(130)

上品になりたい私です。

いつもジャケ買いを続けていると、味だけでなくデザインでも好みの傾向というものがわかってきます。自分の場合はオモシロ系や意味不明系が好きなようで、最近では、

ビーバータウン「ガンマレイ」
キャップブルワリー「エンドレスバケーション」

といったあたりのデザインがかなり好みです。

が、酒屋でビールを眺めているときに上品なデザインのラベルを見つけると、北島康介のように何も言えなくなり、つい手に取ってしまうことがあります。自分にはないものに惹かれると言いますか。

今回ご紹介するのはそんなデザインのビール。デンマークのトゥオール「サーシムコー」。

SUR SIMCO

SUR SIMCOE

モノトーンの花びらに細めのセリフ系フォント。その配置も抜群にカッコいい。

トゥオールのビールについては、ミッケラーとのコラボも含めてこのコラムで2回ほど取り上げていますので、どんな醸造所なのかは下記をご覧ください。

アメリカンホップの香り漂うラガー「ライドビア・ホッピーラガー」―ビアレポート(25)
ミッケラーとトゥオールのコラボ「アンダーオール モザイクIPA」―ビアレポート(110)

名前からもわかるように、ホップはシムコーだけを使用。ラベルには「SOUR SIMCO SESSION PALE ALE」と書いてありますが、飲んでみるとまさにその通り。

やや酸味を感じるアロマの中に、マンゴーやオレンジの香りも。口に含むとしっかりとした酸味が感じられ、最後は熟していない桃やプラムのフレーバーがかすかに現れます。苦味と甘味は軽め。ラベルの通り、上品にまとまったサワーエールです。

なお、2月5日(土)には、三軒茶屋のPigalleにて「Bottle Shop Event vol.11 at Pigalle」と題し、トゥオールのボトル7種類、樽4種類を楽しめるイベントが開催されます。ゲストにはAQ Europeの半田氏。詳細は下記からご確認ください。
Bottle Shop Event Vol.11

Bottle Shop Event vol.11 at Pigalle

Bottle Shop Event vol.11 at Pigalle

【BEER DATA】
サーシムコー
生産地:デンマーク
醸造所:トゥオール
スタイル:サワーエール
アルコール度数:4.5%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

01004富江弘幸

この記事を書いたひと

富江 弘幸

ビアライター

1975年東京生まれ。法政大学社会学部社会学科卒業。卒業後は出版社・編集プロダクションでライター・編集者として雑誌・書籍の制作に携わる。その後、中国留学を経て、新聞社勤務。現在は日本ビアジャーナリスト協会ウェブサイトや『ビール王国』などで記事を執筆するほか、ビアジャーナリストアカデミーの講師も務める。
著書:BEER CALENDAR』(ワイン王国)
連載:あなたのしらない、おいしいビール』(cakes)
執筆:ビール王国』(ワイン王国)、『日本のクラフトビール図鑑』『ビールの図鑑』(マイナビ)、『東京人』(都市出版)など

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。