[コラム,テイスティング]2016.4.15

宅ビアさんの今宵飯(8)~ FIST CITY(フィストシティ) × 飲兵衛のポテサラ ~

Fist City今宵飯飲兵衛のポテサラ

お家でビールを楽しむ「宅ビア」の皆様を応援しようと、ビールと小料理をペアリングする本連載。

前回はハワイ島だったが、今回は本土から。
8杯目はイリノイ州「 Revolution Brewing(レボリューション ブルーイング) 」 が造る「 FIST CITY(フィストシティ) 」(以下、フィストシティ)。

FIST CITY(フィストシティ) × 飲兵衛のポテサラ

FIST CITY(フィストシティ) × 飲兵衛のポテサラ

同醸造所のラベルには拳がデザインされているのが常だが、こちらはなし。気になるのは「CHICAGO PALE ALE」の文字だ。どういった味わいか期待が高まる。

香りを嗅いでみると、シトラスやレモンのようなホップアロマがきらやかに。白桃やパイナップルのようなエステル香がほのかに甘味を思わせる。
晴れやかなレモンゴールドの液体を喉に通せば、ライトな飲み口と共にホップ・フレーバーが軽やかに口内に開いていく。モルトの甘味も合わせて控えめな、アメリカン・ペールエールでは比較的飲みやすい印象を持った。

そんなフィストシティと今宵食べ合わせるのは「飲兵衛のポテサラ」。
カルパス(サラミ)を使い、仕上げにチーズをふりかけた酒呑みにはたまらない組み合わせ。
濃厚なポテサラの味わいの中に顔を覗かせる、タマネギのほろ苦さ&食感とカルパスの歯応えある味わい。後半に効いてくるチーズがコクをプラスする。

そこにフィストシティを通す。
タマネギとベーコンの食感と味わいが強調され、軽快かつ新鮮なビールのテイストとマッチ。イモ本来の旨味とマヨネーズのコクを感じた後に、しっかり喉奥に流し込んでくれる。
チーズの深みある味はそのままに、チーズ独特の香りをホップ・フレーバーがマスキングしてくれる所もなお嬉しい組み合わせだ。

作り置きができるのもミソ。仕事のあとのぐいっとラガー…に加えて、軽やかなエールでくぃっと晩酌。
そんな変化球もいかがだろうか?

-Beer profile-
商品名 : FIST CITY
生産国 : アメリカ
醸造元 : Revolution Brewing
アルコール度数 : 5.5%
原材料 : 麦芽・ホップ・ビール酵母

【レシピはこちら】
飲兵衛のポテサラ
【材料(約4食分)】
・メークイン(男爵でも可) 中4個(400g)
・タマネギ 1/8個(搾り後30g)
・ドライカルパス(サラミ) 小4本(16g)
・マヨネーズ 130g
・塩 小0.8(3ccほど)
・ホワイトペッパー 少々
・パルメザン粉チーズ 適量
・刻みパセリ お好み

※分量は目安です。お好みでご調整ください

【作り方】
1. メークインは土を綺麗に洗い落とし、大きめの鍋で材料が隠れるほどのたっぷりの水とともに火にかける
2. 1.の間にタマネギをスライスし、水に20~30分ほどつけ絡みを抜く。清潔なさらし(タオル)で水分をしっかり搾り、みじん切りにする。カルパスは3mm角ほどにカットしておく
3. メークインの皮が少しめくれるほどに火が通ったら湯からあげ、タオル等で持ちながら熱いうちに皮をむく。ボウルで軽くほぐし、塩、ホワイトペッパーを振りなじませる
4. 冷めたらマヨネーズと2. 3. の材料を全て混ぜ合わせる(混ぜすぎると粘り気がでるので注意)。粉チーズとパセリを振り召し上がる

【参考URL】
Revolution Brewing
http://revbrew.com

【Back Number】
宅ビアさんの今宵飯(7)~ Pipeline Porter (パイプライン ポーター) × ヘーゼルナッツトースト ~
https://www.jbja.jp/archives/12406

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※記事に掲載されている店舗のメニューや営業時間、イベント内容などの情報は予告なしに変更される場合があります。店舗のホームページやイベントの告知ページなどをご確認の上、ご来店・ご来場くださいますようお願い申し上げます。

日本ビアジャーナリスト協会 公式facebookページ

公式facebookページの右上にある「いいね」をポチッとしてくださいね。よろしくお願いします!

05006佐藤 翔平

この記事を書いたひと

くっくショーヘイ(佐藤 翔平)

フードペアリング インストラクター / ビアジャーナリスト

▷くっくショーヘイ
Instagram
Facebook
Twitter

【もっと、ビールは楽しめる。】をモットーに活動しています。

平成元年生まれ。宮城県出身。岩手で学生時代を過ごす。
卒業後、初めて飲んだ「酸っぱいビール」に感動を覚えて以来、3000種以上のビールを飲んではメモをつけている「ビール変態」であり、お酒をこよなく愛する「資格マニア」。
調理経験を活かし、フードペアリングを中心とした記事を「週刊現代」「Get Navi」など各雑誌に掲載&同アカデミーの講師も務める。
日本地ビール協会公認「シニア・ビアジャッジ」として各種世界ビアコンペでの審査も行う。

■保有資格一覧
日本地ビール協会公認 シニア・ビアジャッジ
同上   公認 ビアコーディネーター
ジャパンビアソムリエ協会公認 ビアソムリエ
日本ソムリエ協会公認 ソムリエ
同上   公認 SAKE DIPLOMA
日本酒匠・サービス研究会公認 唎酒師
同上      公認 焼酎唎酒師
日本ウィスキー文化研究所公認 ウィスキーエキスパート
チーズプロフェッショナル協会公認 コムラード・オブ・チーズ

■コラム
ペアリング:「【27連投!!】「買うだけ」で至福のペアリング」「宅ビアさんの今宵飯
ティスティング:「ビールが何日で「本来の」味になるのか検証してみた。」「美味しいビールの条件」「100均で揃える「三種の神器」」「ティスティングレポート
クラフト:「気分で替える着脱式王冠バッジ」「ラベル保存術
店舗紹介一例:「Revo Brewing Co.」「Highbury-Home of Beer-

■記事・出演など
『日経プラス1』:地ビールの祭典 飲めば陽気に
『週刊女性』:ビールがすすむ旨つまみ23
『SPA!』:安くてもウマい食品の見分け方
『週刊現代』:ノンアルコール・ビールの秘密
『ビール王国』:No.14
『Get Navi』:家飲みのゴク意シ“ビア”にcheckビアジャーナリストに訊いた「秋の夜長」に味わうべきクラフトビール10選
『講談社』:イオンの78円ビール「バーリアル」、ここへきてバカ売れの理由
『日本マッケイン・フーズ株式会社 FABEX デモンストレーション講師』など

・『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』出演
・キリンビール『グランドキリン』特設サイト『マイビアクエスト』内ペアリングを全監修
その他、『ビアジャーナリストアカデミー』『アカデミー・デュ・ヴァン』『フレッシュホップフェスト2020』をはじめとした各種講師経験多数あり

このエリアに掲載する広告を募集しています。
詳しくはこちらよりお問い合わせください。

ストップ!20歳未満者の飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。
妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。